中国書 考古 論文集

中国書考古論文集
Ranking:3,046番 / 12,356冊
考古 2,103番 / 6,225冊
論文集 327番 / 1,009冊
C12140
書名 区域、社会与中国文明起源 国家科技支撑计划课题中华文明起源过程中区域聚落与居民研究成果集
シリーズ
著者 北京大学考古文博学院青海省文物考古研究所
出版社 科学出版社
出版年 2019/11
ページ 精装
Cコード ISBN 9787030628978
 
 
新刊  会員割引:
23,760 (21,600円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
《区域、社会与中国文明起源 国家科技支撑计划课题中华文明起源过程中区域聚落与居民研究成果集》
中华文明起源过程中区域聚落与居民研究课题旨在通过对公元前3500-1500年间黄河、长江和西辽河流域的区域聚落考察,探索中华文明形成过程中的社会结构及其变迁,考察此间人类生存状况及所反映出来的社会组织情况,并为项目其他课题提供研究资料。重点开展22处地点和遗址的研究,包括有黄河上游的官亭盆地和喇家遗址、西城驿遗址、陈旗磨沟遗址;黄河中游的杨官寨及其周围地区、铸鼎塬遗址群、新砦遗址群、王城岗及瓦店遗址群、晋南周家庄、陕北龙山文化时期石峁遗址;黄河下游城子崖为中心的鲁西北城址群;江淮之间的八里岗遗址、禹会村遗址群、凌家滩遗址群;长江上游宝墩为中心的城址群、三星堆遗址群;长江中游的澧阳平原、石家河、清江盆地;长江下游的东山村遗址、福泉山遗址群;西辽河朝阳牛河梁-田家沟遗址群、内蒙通辽南宝力皋吐与哈民忙哈遗址红山-小河沿文化聚落。时代上包括庙底沟-红山文化时期遗址7处,石家河文化-良渚文化时期3处,龙山文化、宝墩文化、新砦期、齐家-二里头文化时期12处。其中除居住遗址外还包含有墓地和墓葬的地点有磨沟、八里岗、哈民、田家沟、喇家等5处。
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。