電子書籍 単行本 縄文

電子書籍単行本縄文
ダウンロード数 2件
BEST100
Ranking:27番 / 295冊
単行本 8番 / 19冊
縄文 2番 / 3冊
E00175
書名 日本先史考古学史の基礎研究 山内清男の学問とその周辺の人々
シリーズ
著者 大村裕 著
出版社 六一書房
出版年 2008/05
価格 1,620
会員割引 在庫 在庫有
A5 ページ 215
Cコード
ISBN
カートに入れる

ご注文冊数

在庫がありません
こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

 ご利用方法はこちら
すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
<概要>
電子化日: 2013年8月28日
印 刷: 不 可
目 次: あ り(しおりもあり)
文字検索: 可能(コピーは不可)
元データ: 印刷用データから
利用可能台数:PC2台
※データが重いためスマートフォン用はございません
<目次>
内容>
日本の考古学に偉大な足跡を残した山内清男。この巨人の目指した考古学とはどんなものだったのか、我々は何を継承していくべきなのか。関わりある人を訪ね、関連論文を渉猟し明らかにしていく知的冒険に満ちた好著。
<目次>
. 鳥居龍蔵と山内清男
. 稲生典太郎先生が山内清男と出会った頃 1930年代の日本先史考古学界の一断面
. ある学史の一断面─『日本先史土器の縄紋』の刊行と塚田光─
. 縄紋と縄文─山内清男はなぜ「縄紋」にこだわったのか?─
. 山内考古学の一側面─「山内考古学の見直し」に寄せて─
. 阿玉台式土器の成立の指標を何に求めるか?
   ─西村正衛氏による阿玉台式土器の研究に学ぶ─
. 「山内・加曾利E式細別」の実体について
  ─千葉県中峠遺跡第3次調査地点出土の加曾利E式(古)土器の検討から─
. 山内清男の大木諸型式(特に大木7b〜8b式)について
  ─関東地方の土器編年との関わりから─

※「中央史学第32号」(09年3月)に書評が掲載されました
※「徳島科学誌雑誌No.27」(08年12月)に書評が掲載されました
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。