新刊 単行本 古墳

新刊単行本古墳
Ranking:6,319番 / 81,428冊
単行本 1,682番 / 8,930冊
古墳 314番 / 940冊
N00142
書名 古墳時代の政治構造 前方後円墳からのアプローチ
シリーズ
著者 広瀬和雄ほか著 
出版社 青木書店
出版年 2004
A5 ページ 336
Cコード ISBN 9784250204104
 
 
新刊  会員割引:
4,180円 3,344 (3,040円+税) 在庫 1冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
古書  2点 1,870 ~
1,870 (1,700円+税) やや悪い 注意事項有り 店内在庫
場所:
カートに入れる
2,200 (2,000円+税) 普通 注意事項有り 文京倉庫在庫
カートに入れる
内容・目次
序論    広瀬和雄
1 前方後円(方)墳とはなにか 2
2 前方後円墳にあらわされた政治秩序とは 4
3 中央と地方の首長墓系譜は連動したか 7
4 弥生墳墓と前方後円墳との連続・不連続の意味するもの 10
第一章 各地の首長墓系譜とその特質       
第一節 畿内五大古墳群の特質 広瀬 和雄
1 畿内五大古墳群の共通性 17
2 畿内五大古墳群の個性 20
3 畿内五大古墳群の変遷における画期とその背景 29
第二節 播磨の前方後円墳とヤマト政権 岸本 道昭 36
1 前方後円墳の築造 36
2 多様性を貫く共通性 40
3 首長系譜と系列の背景 43
4 首長墓系列の変動と大型古墳 48
5 播磨の地域権力とヤマト政権 開
第3節 吉備の首長墓系譜 宇垣 区雅
1 首長墳の叢生――前期前半(一期) 6‐
2 新しい枠組みへ――前期中葉〜後葉(二〜三期) 63
3 系譜の変動――中期前半(四〜五期) 67
4 巨大古墳の造営と終焉――中期中葉〜後半全ハ〜八期) 69
5 新旧の系譜――後期(九・一〇期) 72
第四節 讃岐の古墳時代政治秩序への試論 大久保徹也
1 第一段階の政治秩序 84
2 第二段階(結集抑制段階)―集成六期〜九期前半 96
3 第二段階(再結集志向段階)―集成九期後半〜飛鳥啓以孫坿 98
4 讃岐地域における古墳時代政治秩序の変遷と特質 ‐
第五節 濃尾の首長墓系譜の展開と特質 ‥中井 正幸 ‐
1 各地域の首長墓とその系譜 ‐
2 首長墓系譜上の画期と歴史的意義 ‐20
3 造墓の背景と首長墓系譜の特質 ‐26
第六節 陸奥の首長墓系譜 藤沢 敦
1 前期古墳の階層性と首長墓系譜 ‐ 36
2 五・六期における古墳築造の衰退・途絶 ‐
3 新たな古墳の築造と古式群集墳の盛行 ‐
4 九・一〇期における地域差の顕在化 50
第二章 前・中期古墳の諸問題   
第一節 古墳の立地とはなにか
1 研究の現状 ‐58
2 前期古墳の立地 ‐ 60
3 前期古墳の立地規定 ‐ 66
4 中・後期古墳の立地 ‐
第二節 前期前方後円墳の築造頻度と規模構成 大久保徹也
1 前期前半期の前方後円(方)墳築造頻度と規模構成 ‐
2 前期後半期の前方後円(方)墳築造頻度と規模構成 ‐
3 古墳前期の列島政治秩序について ‐
第3節 二つの前方後方墳―群構成からみた東海の前方後方墳 中井正幸
1 東海における前方後方墳の概要 ‐
2 二つの前方後方墳 204
3 「前方後方墳」成立過程の模索 
第四節 前方後方墳の変質 藤沢 敦  
1 大規模前方後方墳の分布 2‐8
2 前期における大規模前方後方墳築造地域の変化 22
3 前期初頭の大規模前方後方墳 225
4 小規模前方後方墳の分布 226
5 前方後方墳の二重の性格 227
6 大規模前方後方墳の変質 229
第五節 帆立貝形古墳の特性  宇垣 匡雅
1 帆立貝形古墳の特色 236
2 吉備の諸資料 23
3 各系譜における出現状況 24‐
4 帆立貝形古墳の性格 242
第三章 古墳時代の政治動向         
第一節 大和政権の変質―古墳時代中期政治構造への試論 広瀬 和雄
1 武器・武具の副葬 250
2 階層構成型古墳群 255
3 巨大前方後円墳の環大阪湾配置 258
4 沖ノ島遺跡 26‐
5 韓国大成洞古墳群 2 64
6 大和政権の政治秩序の再編成 266
第二節 後期前方後円墳の時代  岸本 道昭   
1 後期前方後円墳の動向 273
2 播磨の後期前方後円墳 274
3 後期前方後円墳の造営主体 278
4 築造構造の類型と地域差 282
5 前方後円墳の衰退過程 287
第3節 倭の「古墳」と東北北部の「末期古墳」 藤沢 敦
1 北東北の「末期古墳」2 96
2 倭の古墳と「末期古墳」の比較から 30
結語―― 「古墳」という言説の限界 304
第四節 古墳時代研究における「首長」概念の問題 大久保徹也
1 「首長」という用語 3‐
2 「首長」の採用と展開 3‐2
3 「首長」概念の第一次転換―段階区分上の「首長」3‐3
4 「首長」概念の刷新― アジア的生産様式論と「首長」3‐7
5 「首長」概念の部分的補正 3‐
6 「首長」概念の問題点 32
古墳時代政治構造研究会の経過 33‐
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。