新刊 単行本 近世・近代

新刊単行本近世・近代
Ranking:4,764番 / 78,216冊
単行本 1,285番 / 8,678冊
近世・近代 51番 / 752冊
N01147
書名 ガラス瓶の考古学
シリーズ
著者 桜井 準也 著
出版社 六一書房
出版年 2006
B5 ページ 174
Cコード ISBN 9784947743381
 
 
新刊  会員割引:
3,780 (3,500円+税) 在庫 0冊 カートに入れる

注文数

在庫ございません
こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※2019年5月22日 増補版を刊行いたしました。
こちらからご覧いただけます→ 『増補 ガラス瓶の考古学』

※品切れとなりました。ありがとうございました。
<内容紹介>
ガラス瓶は、わが国では主に近代以降生産・流通するようになったガラス製容器であるが、近代を語る物質資料として注目されてこなかった。しかし、近年は全国各地で実施される発掘調査においてガラス瓶が出土することも増えてきている。本書は、考古学界で初めてガラス瓶を取り上げた著作で、ガラス瓶の技術史的・文化史的背景について触れながらガラス瓶の観察方法や研究方法について解説した。
 また、実際に近現代遺跡から出土したガラス瓶を分析することにより、考古資料としてガラス瓶を位置づけるとともに、その土地の歴史を語る物質資料としてのガラス瓶の可能性を引き出した。本書は考古学や物質文化研究を志すものにとって必携の書である。
<目 次>
はじめに
第1章 なぜガラス瓶なのか
第2章 ガラス瓶の概要
 第1節 ガラス瓶の歴史
 第2節 ガラス瓶の原料と製造技術
 第3節 ガラス瓶の諸特徴
第3章 ガラス瓶調査の方法
 第1節 文献等の調査
 第2節 資料の調査
第4章 ガラス瓶の種類と出土資料
 第1節 ガラス瓶の分類
 第2節 ガラス瓶の種類とその特徴
 第3節 ガラス瓶の変遷
第5章 近現代遺跡とガラス瓶
 第1節 近現代遺跡出土のガラス瓶
 第2節 遺跡の性格と出土ガラス瓶
第6章 ガラス瓶の諸相
 第1節 ガラス瓶の形態と機能
 第2節 ガラス瓶の用途と色調
 第3節 ガラス瓶のデザインと記号
 第4節 流用されるガラス瓶
 第5節 消えゆくガラス瓶
おわりに
文 献
参考資料
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。