新刊 発掘調査報告書 中国

新刊発掘調査報告書中国
BEST300
Ranking:183番 / 66,871冊
発掘調査報告書 17番 / 22,516冊
中国 1番 / 1,365冊
N04410
書名 恩原1遺跡
シリーズ
著者 稲田孝司 編
出版社 恩原遺跡発掘調査団
出版年 2009/12
A4 ページ 464+25+8
Cコード ISBN
 
 
新刊  会員割引:
8,640円 3,240 (3,000円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
<書評>
「考古学研究」 2010年12月 池田晋氏
<内容>
恩原1遺跡は、日本列島旧石器時代石器編年の基準資料として重要であるばかりでなく、旧石器人の多彩な生活内容を知るに不可欠な遺跡。
本遺跡は岡山県北部の中国山地にあり、良好な大山火山灰堆積層中で4枚の旧石器時代文化層の重なりが確認された。AT層下位のR文化層は、さらに台形石器を含むR下層文化層と砂川型石刃技法を含むR上層文化層とに分かれる可能性があり、両文化層とも石器ブロックや焚き火跡などが環状ないし楕円形の配列をあらわす。特にR下層の砂礫堆42ヵ所は、日本のみならず世界の旧石器文化でも類例を見ない生活跡である。AT層上位のO文化層は在地性の強い文化、その上のS文化層では鷂容盞呂諒顕修卓越する。旧石器時代末期細石刃文化のM文化層は、北東日本湧別技法集団による植民の証拠をのこす。表土層には縄文時代文化層も含む。
巻末のカラー図版では各文化層の石器の他、地層、石器出土状況を掲載
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。