新刊 陶磁器・美術

新刊陶磁器・美術
Ranking:8,763番 / 82,139冊
陶磁器・美術 56番 / 626冊
N07535
書名 ベンガラ塗装史の研究
シリーズ
著者 北野信彦 著
出版社 雄山閣
出版年 2013/05
B5 ページ 324
Cコード ISBN 9784639022633
 
 
新刊  会員割引:
19,800 (18,000円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
<内容>
奈良時代から近代までの16の木造建築物に塗装痕跡として残るベンガラ顔料の使用状況や歴史的変遷の調査。
<目次>
総論
第1部基礎編
第1章:赤土ベンガラ 文献史料に登場する「赤土」に関する基礎的調査 
第2章:丹土ベンガラ いわゆる「丹土」と称されるベンガラに関する基礎的調査 
第3章:赤泥ベンガラ 豊後国風土記に記された「赤湯泉(あかゆ)Jの赤泥状沈殿物に関する
基礎的調査
第4章:パイプ状ベンガラ パイプ状ベンガラの生産と使用に関する基礎的調査一
第5章:鉄丹ベンガラ 「鉄丹」と称される人造ベンガラの製法と生産関連出土資料に関する
基礎的調査
第6章:ロ ハベンガラ 「碁紅」もしくは「弁柄Jと称される人造ベンガラの性状と製法に関する基礎的調査
第7章:現代ベンガラ 塗装修理材料としてのベンガラ顔料の再評価に関する基礎的調査
第2部応用編
第1章 元興寺五重小塔取り外し部材
第2章 海龍王寺五重小塔
第3章 平等院鳳凰堂
第4章 浄瑠璃寺本堂(九体阿弥陀堂)
第5章 三仏寺奥院(投入堂)の取り外し部材
第6章 海住山寺五重塔の内陣四天柱塗装材料
第7章 島田神社本殿
第8章 元興寺極楽坊の取り外し部材
第9章 厳島神社摂社大元神社本殿および内陣の三玉殿
第10章 興福寺東金堂ほかの取リ外し部材
第11章 蓮華王院本堂(通称名:三十三間堂)
第12章 初期の日光社寺建造物群
第13章 浅草寺二天門
第14章 宇治白山神社境内廃棄の紀年銘墨書部材
第15章 弁柄窯元・旧片山家住宅
第16章:厳鳥神社社殿の建造物群
結 論 本書のまとめ 
おわりに
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。