新刊 単行本 近世・近代

新刊単行本近世・近代
Ranking:3,749番 / 82,245冊
単行本 1,037番 / 9,008冊
近世・近代 35番 / 791冊
N07579
書名 キリシタン考古学 キリシタン遺跡を掘る
シリーズ 考古調査ハンドブック8
著者 今野春樹 著
出版社 ニューサイエンス社
出版年 2013/05
A5 ページ 181
Cコード ISBN 9784821605200
 
 
新刊  会員割引:
3,080円 1,540 (1,400円+税) 在庫 3冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※ご注意ください
・バーコード部分に「自由価格本」のシールが貼られている場合がございます。
・書店さんなどからの返本で、カバーや箱に若干の汚れ・傷みがある場合がございます。
・取寄せの場合は、すでに品切れとなってしまっている可能性がございますのでご了承ください。

【内容】
これまでキリシタンの遺跡・遺物についての考古学的手法を用いた調査研究例は非常に数少ないものでした。その稀少な事例として、京都を舞台とした濱田耕作氏によるキリシタン墓碑の研究、森浩一氏による南蛮寺跡の発掘調査がありましたが、以降、長い停滞期に入っていました。キリシタン考古学の研究を進めるうえで、事例不足は大きな問題になっていました。しかし、2000年前後より長崎・サント・ドミンゴ教会跡と原城跡、大阪・高槻城キリシタン墓地、大分・府内大友館跡、東京都千代田区・東京駅八重洲北口遺跡キリシタン墓地などにおいて、キリシタン墓や関連遺物の出土が相次いでいます。現在、キリシタン文化の考古学的検証を進める条件が整いつつあり、本書は、キリシタン文化の考古学的研究の軌跡を概観し、諸々のキリシタン遺物の検証を試み、日本におけるキリスト教文化の実態を明らかにしています。
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。