新刊 CD・DVD

新刊CD・DVD
Ranking:17,374番 / 70,833冊
CD・DVD 18番 / 62冊
N08017
書名 日本漢詩《明治詩文》(図文字版)
シリーズ 日本古籍全文検索シリーズ 14
著者
出版社 凱希メディアサービス 
出版年 2013/10
ページ
Cコード ISBN
 
 
新刊  会員割引:
54,000 (50,000円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
明治8〜9年頃から漢詩文の機関誌が次々に発刊されるようになる。その中で、最も
勢力があったのが、《新文詩》(8年創刊 森春涛主宰)、《明治詩文》(9年 佐田白茅主
宰)などである。洋学隆盛の中にありながら、漢詩結社の雑誌が盛んになっていった要因だが、当時、牽引役を担った人々が漢学的教養を背景とした活動を積極的に行ったことが挙げられる。その結果、功なり名遂げた人や社会活動家などは、漢詩文の著作を刊行するというのが慣例となっていった。まさに明治の漢詩は空前の発達をとげたのである。《新
文詩》《明治詩文》ともに、編者の豊かな人脈もあって主な掲載者としては、島津久光、勝海舟、副島種臣、重野成斎、川田甕江、安井息軒、三島中洲、大沼枕山、中村敬宇、大槻磐渓、森槐南、依田百川、鷲津毅堂ら、当時の錚々たる文士らが名を連ねたほか、伊藤博文・山県有朋ら政界の重鎮も詩を投稿し、明治期の漢詩壇に大きな影響力をもった。
  《明治詩文》《新文詩》《新文詩別集》ともに紛失が多く収集は困難だったが、この度、可能な限り揃うこととなった。このほか《昭代詩文》(明治21年創刊 綿引泰主宰)も併せて収録する。

収録した書籍は《明治詩文》《新文詩》《新文詩別集》《昭代詩文》
監修:東洋大学名誉教授 吉田公平、名古屋大学教授 加藤国安

※単機版
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。