新刊 単行本 その他考古

新刊単行本その他考古
Ranking:6,326番 / 81,538冊
単行本 1,685番 / 8,949冊
その他考古 192番 / 1,263冊
N41839
書名 行動する考古学
シリーズ
著者 高倉 洋彰 著
出版社 中国書店
出版年 2014/01
A5 ページ 362
Cコード ISBN 9784903316369
 
 
新刊  会員割引:
3,960 (3,600円+税) 在庫 2冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
古書  2点 2,200 ~
2,200 (2,000円+税) 普通 注意事項有り 千葉倉庫在庫
12月26日発送予定
カートに入れる
2,420 (2,200円+税) 普通 注意事項有り 文京倉庫在庫
カートに入れる
内容・目次
<目次>
国際交流の考古学
 1 国際化の遺跡
 2 国際交流の精華・弥生文化
 3 オウの誕生
 4 国際文化学のなかの考古学
 5 碣石宮と徐福
 6 兎は月で餅をつく
 7 寧波をさわがす日本人
 8 南方世界との交流の門戸としての琉球
現地踏査は知識の泉
 1 旅・ヒラメキ・苦吟
 2 赤飯と赤酒
 3 魔除けの鏡
 4 中国・中原の古代を旅して
 5 慶州で大宰府を考える
観世音寺の甍と鐘
 1 観世音寺の創建期について
 2 観世音寺戒壇と延暦寺戒壇
 3 馬頭観世音像 悲と忿怒
 4 中世観世音寺の隆盛と衰退
 5 観世音寺宝蔵
九州国立博物館の誘致と開館
 1 ミュージアム・グッズの楽しみ
 2 これからの博物館像とは
 3 博物館のある街の景観
 4 二つの国立博物館の誕生
 5 『ミュージアム九州』に集った研究者たち
 6 九州国立博物館開館一年に思う
大学博物館の必要性
 1 大学博物館への期待
 2 大学の知性の象徴・大学博物館
 3 西南学院大学博物館設置の意義
聖嶽洞窟事件の解明
 1 ふたりの大人
 2 九州の考古学と賀川光夫先生
 3 聖嶽洞窟遺跡に関する問題の所在と検証
キリシタン文化研究事始め
 1 景教僧文青磁壺(古青磁貼花神父像長壺)
 2 踏絵の一形態 紙踏絵の紹介と検討
硬軟の考古学
 1 交差年代決定法による弥生時代中期・後期の実年
 2 博多の夜は屋台で飲もう
図版の出典
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。