新刊 図録 古墳

新刊図録古墳
BEST100
Ranking:44番 / 82,887冊
図録 10番 / 5,988冊
古墳 8番 / 780冊
N41901
書名 HASHIHAKA 始まりの前方後円墳
シリーズ 平成25年度特別展
著者
出版社 桜井市文化財協会
出版年 2014/01
A4 ページ カラー44
Cコード ISBN
 
 
新刊  会員割引:無
1,210 (1,100円+税) 在庫 0冊 カートに入れる

注文数

在庫ございません
こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【内容】※”開催にあたって”より抜粋
 纒向遺跡の古墳時代集落に近接して存在する箸墓古墳は、日本列島で最初の巨大古墳であるとされています。その名は古く『日本書紀』にも登場し、神秘的な説話が語りつがれてきました。現在は宮内庁により倭迹迹日百襲姫命の大市墓として管理されていますが、先頃学会を対象として立ち入り調査が許可された際には大きく報道されました。また近年は邪馬台国の女王・卑弥呼の墓である可能性が論じられ、箸墓古墳に対する関心は年々高まりつつあります。
 今回の特別展ではこの箸墓古墳に注目し、箸墓古墳が辿ってきた歴史や、これまでの調査成果から推定される古墳の姿について考えたいと思います。箸墓古墳には現在自由に立ち入ることができませんが、今回の展示を通じ、その壮大な姿と古墳が持つ歴史的意義を感じとっていただければ幸いに思います。
【目次】
箸墓古墳の歴史
 1.最初の巨大古墳
 2箸墓古墳が築造された時代
 3「日は人作り、夜は神作る」
 4周濠出上の木製輪錯
 5.箸墓古墳と上ツ道
 6.旅人が見た箸墓古墳
 7「大市墓」ヘ
 8笠井新也の業績
 9.評価の確定ヘ
 10,調査資料の増加
 11 墳丘の現況
箸墓古墳へのアプローチ
 1 箸墓古墳の発掘調査
 2検出された墳丘と葺石
 3後円部南東側の渡土堤
 4周濠と外堤
 5,墳丘周辺の落ち込み
 6墳丘上の埴輪・土器
 7炭素14年代測定の成果
箸墓古墳の姿
 1.箸墓古墳の全体像 
 2墳丘形態の復元
 箸墓古墳にまつわる伝説
箸墓古墳は卑弥呼の墓か
 1 倭逃逃日百襲姫命と卑弥呼
 2「卑弥呼以て死す」
 3.箸墓古墳は卑弥呼の墓か
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。