新刊 論集

新刊論集
Ranking:5,828番 / 83,618冊
論集 205番 / 823冊
N43206
書名 信濃真田氏
シリーズ 論集 戦国大名と国衆 13
著者 丸島 和洋 編
出版社 岩田書院
出版年 2014/03
A5 ページ 396
Cコード ISBN 9784872948561
 
 
新刊  会員割引:
5,280 (4,800円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
<目次>
丸島和洋 総諭 信濃真田氏の系譜と政治的動向
飯島忠夫 真田氏祖先について
小林計一郎 真田一族覚書
唐澤定市 真田氏の吾妻郡攻略をめぐって
堀内亨 真田氏の領国形成過程
栗原修 上野国沼田領における武田氏と真田氏
中澤克昭 真田氏の本拠を訪ねて
原田和彦 新出史料紹介 真田昌幸書状
馬場廣幸 国文学研究資料館所蔵武田勝頼書状について
柴辻俊六 織田政権と真田昌幸
山岡信一 真田氏領における支配構造
唐澤定市 戦国大名真田氏の領国形成
栗岩英治 真田史料随収随録 中挿破璃版文書小解に就て
寺島隆史 上田築城の開始をめぐる真田・徳川・上杉の動静
寺島隆史 第一次上田合戦前後における真田昌幸の動静の再考
寺島隆史 第一次上田合戦の再考
藤澤好古 真田氏と南信
山口武夫 戦国末期より徳川初期に至る真田氏の伝馬制と交通史の一端
尾崎行也 真田氏の分立と家臣および領民
米山一政 上田時代における真田氏の政策の一断片
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。