新刊 論集

新刊論集
BEST500
Ranking:382番 / 82,053冊
論集 18番 / 812冊
N43541
書名 先史学・考古学論究6
シリーズ 考古学研究室創設40周年記念論文集
著者
出版社 龍田考古会
出版年 2014/02
B5 ページ 347
Cコード ISBN
 
 
新刊  会員割引:無
4,950 (4,500円+税) 在庫 0冊 カートに入れる

注文数

在庫ございません
こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※残部僅少につき、美本在庫がございません。表紙角に凹みやめくれがある箇所がございます。予めご了承ください

芝康次郎 野岳と船野-構造的差違と行動論-
岡本真也 阿蘇周辺遺跡における時期的石材獲得戦略と消費動向-阿蘇産石材の抽出と時性の把握を中心に-
辻満久 落し穴考―中国地方例を中心に―
倉元慎平 轟B式最新段階についての一考察
松田光太郎 縄文時代前期土器の突起が示す地域性と交流-関東地方の諸磯b式土器の渦巻突起に着目して-
大坪志子 九州の大珠
小畑弘己 種実圧痕の考古資料としての特性─圧痕は何を意味するのか?三内丸山遺跡における検証─
森貴教 水稲耕作開始期以前の刃刃石斧をめぐって-韓半島南部青銅器時代との比較検討から-
柴尾俊介 竪穴住居にみる瀬戸内系要素-東北九州における弥生時代後期の張り出し住居を中心として-
河合章行 いわゆる「アワビおこし」をめぐる諸問題
内田律雄 弥生時代の建網─鳥取県青谷上寺地遺跡の「有孔土玉」の性格─
木下尚子 マガキガイの指輪―弥生時代の貝製指輪
山野ケン陽次郎 琉球列島におけるイモガイ科製貝輪の研究
秦憲二 九州における弥生時代から古墳時代初頭の鉄鏃地域差の形成過程
南健太郎 画文帯神獣鏡の破鏡をめぐって
美浦雄二 北部九州出土の土製支脚について
木村龍生 須恵器編年の併行関係についての問題提起
西嶋剛広 凹字形鉄器の検討-古墳時代、三国時代資料の検討-
嶋田光一 福岡県目尾の阿蘇石製家形石棺に関する一試考
江頭俊介 筑後国府出土「嶋」墨書土器からみた律令期の南島と筑後
西住欣一郎 筏水運について-菊池川を中心にして-
平野芳英 出雲の石神信仰と『出雲風土記』の「山」と「社」
柴田亮 肥後国の貿易陶磁―福田正文氏採集品の紹介―
山崎龍雄 福岡県糸島市二丈岳城の調査
一本尚之 鍋島焼の製陶技術についての研究
藤木聡 久留米城下町・小倉城下町・黒崎宿の火打石とその特質
宮本千恵子 西南戦争遺跡二俣砲台跡形成についての考察
新里亮人 穀物生産をめぐる考古学と民族学-琉球列島を中心に-
杉井健 記憶をつなぐために-埋蔵文化財行政と大学-
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。