新刊 発掘調査報告書 東北

新刊発掘調査報告書東北
BEST500
Ranking:438番 / 81,473冊
発掘調査報告書 30番 / 25,066冊
東北 2番 / 2,916冊
N52370
書名 青森県下北郡東通村 尻労安部洞窟 I 2001〜2012年度発掘調査報告書
シリーズ
著者 奈良貴史・渡辺丈彦・澤田純明・澤浦亮平・佐藤孝雄 編
出版社 六一書房
出版年 2015/03
A4 ページ 289+写真図版14
Cコード C3021 ISBN 9784864450577
 
 
新刊  会員割引:
4,400 (4,000円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【内容】
 本報告書は、本州島の最東北端に位置する石灰岩洞窟、尻労安部洞窟において2001〜2012年に行われた発掘調査の成果をまとめたものである。発掘調査では、ナイフ形石器など旧石器5点と、ノウサギ属、ヒグマ、大型偶蹄類などの動物骨を同一の層準で発見した。国内で旧石器と動物骨がともに見つかる遺跡は極めて少なく、旧石器時代の狩猟採集活動の実態を考える上で貴重な事例となった。
【目次】
例 言
第1章 調査の目的
第2章 洞窟周囲の環境
 第1節 自然環境(自然地理)
  第1項 洞窟の立地
  第2項 動植物相
  第3項 石材環境
 第2節 歴史的環境(人文地理)
  第1項 下北半島の遺跡と研究史
  第2項 下北半島の民俗-東通村尻労集落を中心として-
第3章 調査の経緯と方法
 第1節 調査の経緯
  第1項 調査に至る経緯
  第2項 調査の経過
 第2節 調査の方法
  第1項 発掘調査の方法
  第2項 水洗選別による微小遺物の回収
第4章 洞窟及び洞窟堆積物の形成
 第1節 洞窟の形成と時期-洞窟周辺の自然地理学的考察-
 第2節 洞窟の堆積
  第1項 層 序
  第2項 堆積物の年代決定
第5章 出土遺物の研究
 第1節 旧石器時代
  第1項 石 器
  第2項 動物遺体
 第2節 縄文時代以降
  第1項 土 器
  第2項 石 器
  第3項 骨角器
  第4項 動物遺体
  第5項 人 骨
第6章 総 括
英文要約
写真図版
あとがき
報告書抄録
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。