新刊 仏教・神道

新刊仏教・神道
Ranking:3,133番 / 84,689冊
仏教・神道 5番 / 632冊
書名 ガンダーラ彫刻と仏教
シリーズ
著者 内記 理 著
発行元 京都大学学術出版会
出版年 2016/03
A5 ページ 308
六一ID N59700 ISBN 9784814000142
 
 
新刊  会員割引:
4,180 (3,800円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【内容】※出版社HPより
通説的にアレクサンドロスの東征やヘレニズム文化とのかかわりから語られてきたガンダーラ彫刻は,実はそれらからは切り離して考えられるべきものである。ガンダーラ彫刻はいつ,何のためにつくられたのか? また,彫刻が盛んにつくられた西北インドにおける仏教とは,一体どのようなものだったのか? これまでの彫刻の議論の中で十分に加味されることのなかった考古学的な情報を最大限に活用して,ガンダーラ彫刻のつくられた時代をみつめなおす。彫刻を歴史の中に位置づけることができてはじめて,仏教文化の源流における仏教の姿がみえてくる。
【目次】
序章 ガンダーラ彫刻の研究のおもしろさはどこにあるか
 はじめに
 第1節 ガンダーラとは
 第2節 ガンダーラ彫刻とは
 第3節 西北インドの歴史
 第4節 西北インドの現地調査の歴史
 第5節 ガンダーラ彫刻の制作時期にかかわる研究史と問題点
 第6節 本書における分析の対象と項目
 第7節 本書の構成
第I郎 ガンダーラ彫刻はいつつくられたか
第1章 彫刻の様式 ガンダーラ地方とウッディヤーナ地方の彫刻の美術様式
 はじめに
 第1節 ウッディヤーナ地方の彫刻の様式
 第2節 ガンダーラ地方の彫刻の様式
 第3節 地域間の様式の関係
 小 結
第2章 彫刻の図像 浮彫画像帯に表された仏教
 はじめに
 第1節 研究の方法
 第2節 タレリ遺跡出土の浮彫画像帯
 第3節 メハサンダ遺跡出土の浮彫画像帯
 第4節 浮彫画像帯の検討からわかること
 小 結
第3章 彫刻の技法 単独像の腕の接合方法
 はじめに
 第1節 西北インドの石彫に用いられた技法
 第2節 接合方法の使用時期
 第3節 技法と様式の関係
 第4節 単独像の接合方法の出現と展開
 小 結
第4章 彫刻と碑銘紀年銘彫刻の制作年
 はじめに
 第1節 ガンダーラ地方出土の紀年銘彫刻
 第2節 紀年銘彫刻の制作時期
 第3節 紀年銘彫刻の制作年
 小 結
第II部 ガンダーラ彫刻はなぜ変容したか
第5章 建物の石積 ガンダーラ地方の石積編年
 はじめに
 第1節 石積についての研究史と課題
 第2節 ガンダーラ地方の石積の編年
 第3節 地域聞の石積の関係
 小 結
第6章 王宮と地震 チャナカ・デリーの正の歴史
 はじめに
 第1節 チャナカ・デリー遺跡の調査の歴史
 第2節 京都大学の調査記録にみるチャナカ・デリー遺跡の概要
 第3節 土器から考えるチャナカ・デリー遺跡が使用された時期
 第4節 チャナカ・デリーの丘の歴史
 小 結
終章 支配と災害と仏教 ガンダーラ彫刻の研究から何がわかったか
はじめに
第l節 地域聞の共通性と差異性
第2節 西北インドの仏教文化の位置づけ
第3節 クシャーン朝の西北インド支配と仏教
おわりに
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。