新刊 単行本 古代

新刊単行本古代
BEST100
Ranking:61番 / 66,951冊
単行本 9番 / 7,162冊
古代 4番 / 1,657冊
N62449
書名 北方世界と秋田城
シリーズ 考古学リーダー 25
著者 小口雅史 編
出版社 六一書房
出版年 2016/11
A5 ページ ソフトカバー 340頁
Cコード 3321 ISBN 9784864450836
 
 
新刊  会員割引:
4,104 (3,800円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【書評掲載など】
・『史學雑誌』第126編第6号(2017年6月刊)の「新刊紹介」に掲載されました!
・2017年3月5日付 朝日新聞(秋田版)に紹介記事が掲載されました!

【内容】
 古代律令国家の最北にして最前線の城柵秋田城。北海道方面までにらんでいた可能性のあるこの城柵は8世紀には総瓦葺の築地塀をもつ威容を誇っていた。これは他には平城宮と大宰府しか例がないという。この荘厳さは対蝦夷ではなく対渤海対策と考えるのが自然であろう。このような秋田城とは一体何であったのか。この地から出土する夥しい出土文字資料はここで国府行政が行われていたことを明示し、出羽国府であるとの説が有力である。その一方で中央国家による正史類は、秋田城が出羽国府であったとは記述しておらず、また考古学的な遺構からも、その地が国府であるかどうかは明確ではない。本書はこの重大な問題に最新の成果をふまえて両陣営が肉薄する。さらにまた秋田城は北方世界にあって具体的にどのような役割を果たしたのか、本書の提起する問題は実に興味深いものがある。

【目次】
本書のなりたち
第1部 秋田城総論―遺構と文字史資料からみた
 伊藤武士 古代城柵秋田城の機能と特質
 熊谷公男 秋田城の歴史的展開
 小口雅史 出土文字資料からみた秋田城
 八木光則 城柵構造からみた秋田城の特質
第2部 秋田城の北方支配の具体的展開
 宇田川浩一 土師器の色調変化が示す元慶の乱後の米代川流域在地集落の動態
 柏木大延 土製支脚からみる出羽と石狩低地帯の交流について
 齋藤 淳 土器からみた地域間交流 ―秋田・津軽・北海道―
 鈴木琢也 須恵器からみた古代の北海道と秋田
 中澤寛将 五所川原須恵器窯跡群の成立と北海道
 小嶋芳孝 秋田城出土の羽釜・再検討
 高橋 学 城柵と北東北の鉄
 天野哲也 古代日本列島北部の諸集団間における鉄鋼製品の流通問題
第3部 総括討論
 北方世界と秋田城
むすびにかえて

【編者紹介】
小口雅史(おぐち まさし)
1956年長野県生まれ。法政大学文学部教授・国際日本学研究所所長。
東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。
主要著書は『北の防御性集落と激動の時代』(編著、同成社、2006)、『古代末期・日本の境界―城久遺跡群と石江遺跡群―』(編著、森話社、2010)、『海峡と古代蝦夷』(編著、高志書院、2011)、『東北の古代史』5前九年・後三年合戦と兵の時代(共著、吉川弘文館、2016)他多数
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。