新刊 陶磁器・美術 美術一般

新刊陶磁器・美術美術一般
Ranking:5,741番 / 82,814冊
陶磁器・美術 36番 / 635冊
美術一般 1番 / 91冊
N63801
書名 江戸の日本刀 新刀、新々刀の歴史的背景
シリーズ
著者 伊藤 三平 著
出版社 東洋書院
出版年 2016/12
A5 ページ 376
Cコード ISBN 9784885945021
 
 
新刊  会員割引:
3,960 (3,600円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】 
はじめに
1章 江戸時代における刀剣の位置づけ
 (1)武器としての刀剣 ─集団戦ではなく個人戦の武器─
 (2)身分制の象徴としての刀剣
 (3)日本人としての刀剣愛好
 (4)贈答需要に不可欠な刀剣
 (5)趣味としての刀剣愛好
2章 江戸時代の武士にとっての刀剣使用
3章 刀鍛冶は城下町に ─刀剣の製産地─
 (1)国役御用の刀鍛冶
 (2)幕府および各藩の抱え鍛冶
4章 剣術諸流派の勃興と停滞 ─江戸時代前期〜中期の剣術の流れ─5章 辻斬り横行の時代
6章 試刀家の出現
7章 江戸時代の人口推移
8章 江戸への刀鍛冶の流入
9章 寛文新刀の出現
10章 幕府・藩の財政状態と武士の困窮
11章 元禄から享保の刀剣界の衰退
12章 享保の改革と「享保鍛冶改め」、「享保名物帳」
 (1)享保の改革と「享保鍛冶改め」「享保名物帳」の位置づけ
 (2)「享保鍛冶改め」
 (3)「享保名物帳」
13章 享保以降の治安の悪化
 (1)百姓一揆、村方騒動、都市騒擾
 (2)対外危機意識
14章 寛政の改革と刀剣
 (1)寛政の改革の前奏 ─田沼時代と田沼折紙─
 (2)寛政の改革と刀剣界
 (3)藩校の設立ブーム
15章 水心子正秀と新々刀 ─復古刀の提唱─
16章 花開く水心子正秀の弟子たち
17章 水心子正秀は江戸の産業ルネサンスを担った一人
18章 江戸の啓蒙主義・サロン文化 ─刀剣ジャーナリズムを生んだ背景─
 (1)徳川啓蒙期の旅日記
 (2)水心子正秀と高山彦九郎との交流
 (3)江戸のサロン文化
 (4)身分の高い武士の刀剣への関心
19章 刀剣ジャーナリズムの拡大
20章 正秀弟子の巨星・大慶直胤 ─旅の時代を生きる─
 (1)江戸時代後半は旅の時代
 (2)大慶直胤の旅
 (3)旅する大慶直胤と川路聖謨との交流
 (4)多方面に活躍する大慶直胤
21章 天保の改革と剣術の流行
22章 庶民への剣術の広がり
<参考> 江戸時代の剣術の歴史と砲術の歴史の相似性
23章「身上がり願望」 ─武士身分への登用、刀工の受領、御抱え鍛冶─ (1)武士身分への登用
 (2)刀鍛冶の受領銘
 (3)御抱え鍛冶への道
 (4)左行秀の身上がり
24章 切れ味重視の動き ─試刀家・山田浅右衛門と固山宗次─
 (1)山田浅右衛門家と影響力
 (2)山田家の試刀を重視した固山宗次
25章 荒試し ─松代藩・山浦真雄、水戸藩・勝村徳勝、松江藩・高橋長信─
26章 源清麿における切れ味追求 ─幕臣・窪田清音と兄・山浦真雄の影響─
 (1)窪田清音の略歴
 (2)山浦真雄と窪田清音から受け継いだ作刀理念「折れず、曲がらず、よく切れる」
 (3)清麿の鍛法の工夫
27章 いつの時代にも大切な芸術の支援者 ─清麿の場合─
 (1)清麿の江戸出府
 (2)清麿の長州行きと窪田清音の天保の改革での失脚
 (3)長州藩側の事情
 (4)幕臣や市井の有力者の支援
28章 武器講
29章 江戸時代の貨幣・収入単位と物価水準、新々刀の価格
 (1)江戸時代の貨幣制度
 (2)江戸時代の知行制度
 (3)江戸時代の米価(物価)の変動と現在価値
 (4)江戸時代の刀価と現在価格
30章 刀が実戦に使われた時代 ─万延・文久のテロリズム─
31章 幕末の動乱、戊辰戦争と刀鍛冶
<参考>新々刀期に江戸で活躍した主な鍛冶の年表
32章 廃刀令後の刀鍛冶の転身
33章 帝室技芸員制度と日清戦争後の軍刀需要 ─近代刀期へ─
あとがき
<参考> 日本刀の用語解説
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。