新刊 論集

新刊論集
BEST500
Ranking:381番 / 82,887冊
論集 17番 / 815冊
N65361
書名 考古学・博物館学の風景 中村浩先生古稀記念論文集
シリーズ
著者 中村浩先生古稀記念論文集刊行会 編
出版社 芙蓉書房出版
出版年 2017/04
A5 ページ 546
Cコード ISBN 9784829507124
 
 
新刊  会員割引:
11,000 (10,000円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※須恵器研究、博物館学など、45名による論文集です。
【目次】
発刊の辞
❏ 須恵器研究とその周辺
田中清美「TK208型式須恵器の諸問題」
仲辻慧大「楠見式土器の生産とその特質」
土井和幸「陶邑窯跡群における車輪文当て具痕の新例紹介」
木下亘「提瓶の製作開始について」
中島恒次郎「日本古代・大宰府官制整備期の九州における食器様相」
山田元樹「肥筑境における古代須恵器生産の様相について」
市来真澄「須恵器の消費動向と流通に関する試論」
石木秀啓「牛頸窯跡群出土のヘラ書き須恵器について」
上田龍児「福岡県大野城市王城山古墳群の再検討」
風間栄一「六世紀前半代の大室古墳群」
酒井清治「関東出土の軟質土器」
土田純子「百済漢城期・熊津期の須恵器(系)に関する考察」
畠山唯達・渋谷秀敏「須恵器窯跡等を利用した考古地磁気学と地磁気の変化」
犬木努「目沼瓢簞塚古墳の円筒埴輪列」
河内一浩「大谷古墳の埴輪とその生産」        
白石純「中世陶器の胎土分析」
徳澤啓一・平野裕子ほか「ベトナム中部からラオス中南部にかけての「伸ばし」成形の展開と地域差」
主税英徳「高麗陶器生産に関する一試考」
❏ 古代・中世の諸相・
粟 田薫「「動作連鎖」の概念で観るお亀石古墳」
上原真人「斑鳩文化圏存否」              
網 伸也「摂津淀川北岸地域における古代瓦の様相」
藤原 学「中世瓦窯の視点」              
尾谷雅彦「河内金剛寺白炭考」
梯 信暁「青蓮院蔵承安元年写『往生要集』について」
狭川真一「慈尊院五輪塔実測記」
辻 俊和「古代・中世前期の奈良県の石造層塔について」
池田榮史「長崎県松浦市鷹島海底遺跡における蒙古襲来(元寇)船調査の現況と課題」
辻尾榮市「中国安徽省淮北市柳孔運河の唐代交易沈没舟・船」
❏ 様々ないとなみ
林 潤也「群集土坑の理解をめぐって」
田尻義了「銅釦・銅鏃・銅釧の生産に関する問題点」
冨加見泰彦「鹿角製カツオ釣り針について」
積山 洋「日本古代塩業技術の諸問題」
❏ 博物館学の現在
青木 豊「古奇物愛玩に拠る歴史資料の保存」
和泉大樹「「蛸壺づくりの村」を活用した観光地域づくりの基礎的プロセス」
一丸忠邦「成人の学びと博物館」            
井上洋一「博物館教育の一側面」
中島金太郎「静岡県下の戦前期神社博物館に関する一考察」
落合知子「郷土博物館をつくる」
竹谷俊夫「韓国の国立こども博物館について」
笠井敏光「市民とつくる資料館」         
池田千尋「中村浩先生と大阪大谷大学博物館」      
❏ 特別寄稿
中村 浩 「須恵器生産の成立とその背景」        
中村 浩 「観光と博物館について」 
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。