新刊 海外(日本語) 中国

新刊海外(日本語)中国
Ranking:1,191番 / 67,460冊
海外(日本語) 10番 / 1,529冊
中国 4番 / 756冊
N65907
書名 殷代青銅器の生産体制 青銅器と銘文の製作からみる工房分業
シリーズ
著者 鈴木舞 著
出版社 六一書房
出版年 2017/05
B5 ページ 上製カバー 209頁
Cコード C3022 ISBN 9784864450874
 
 
新刊  会員割引:
9,720 (9,000円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【内容】
 現在実在が証明されている中国最古の王朝、殷。ここで製作された青銅器・またそこに刻まれた銘文について、近年注目される製作技術に基づく分類、また青銅器銘文の文字形態と製作法の分析という新たな研究法をとおして、殷代青銅器生産の実態に迫ります。(東京大学博士論文に加筆刊行)

【目次】
第1章 殷代青銅器生産研究の現状と課題
 第1節 殷とその遺跡
 第2節 編年の設定
 第3節 古代中国における青銅器生産
 第4節 文字資料にみられる青銅器製作者
 第5節 問題の所在と研究方法
 第6節 青銅器の製作方法
 第7節 用語の定義
第2章 鄭州商城における青銅爵の製作
 第1節 東京大学文学部列品室所蔵青銅爵について
 第2節 比較資料の提示
 第3節 二里岡期青銅爵の編年に関する再検討
 第4節 製作技術に関する検討
 第5節 青銅器製作工房遺跡に関する検討
 第6節 小結
第3章 盤龍城遺跡における青銅容器の製作
 第1節 盤龍城遺跡に関する研究史の整理と問題の所在
 第2節 饕餮紋の分類
 第3節 器種ごとの検討
 第4節 二里岡期の青銅器製作地点
 第5節 小結
第4章 殷墟青銅器銘文の字体と工房
 第1節 関連する問題の整理
 第2節 婦好墓青銅器群に関する検討
 第3節花園荘東地54号墓青銅器群に関する検討
 第4節 戚家荘東地269号墓青銅器群に関する検討
 第5節 大司空303号墓青銅器群に関する検討
 第6節 青銅器製作工房遺跡からの検討
 第7節 小結
第5章 殷代青銅武器銘文に関する考察
 第1節 検討の目的と方法
 第2節 武器銘文の集成と分類
 第3節 小結
第6章 殷代における青銅器生産
 第1節 各章の要点
 第2節 殷代における青銅器生産
中国語要旨(中文摘要)

【著者略歴】
1982年 静岡県浜松市に生まれる
2006年 北海道大学文学部卒業
2015年 東京大学大学院人文社会系研究科修了 博士(文学)
現在 日本学術振興会特別研究員PD(東京大学東洋文化研究所受入)
主要論文
 「殷金文の字体と工房―殷墟花園荘東地五四号墓「長」字銘の分類―」『中国出土資料研究』第19号 中国出土資料学会 2015年
 「关于东京大学文学部陈列室收藏的青铜爵―从青铜器制造技术看商代早期青铜器」『三代考古』第4号 中国社会科学院考古研究所夏商周考古研究室 2012年
 「殷墟小屯東北地工房に関する再検討」『中国考古学』第8号 日本中国考古学会 2008年
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。