新刊 資料集

新刊資料集
BEST300
Ranking:248番 / 73,154冊
資料集 83番 / 3,502冊
N70335
書名 シンポジウム 神子柴系石器群とはなにか?
シリーズ 第20回長野県旧石器研究交流会
著者 堤 隆 編
出版社 八ヶ岳旧石器研究グループ
出版年 2018/02
A4 ページ 56
Cコード ISBN
 
 
新刊  会員割引:無
1,944 (1,800円+税) 在庫 0冊 カートに入れる

注文数

在庫ございません
こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
講演会 
稲田孝司 神子柴石器群の成立過程とその意義
一般研究発表
長治 中部高地における後期旧石器文化の展開
野口淳 中部高地の後期旧石器時代遺跡
村田弘之 男女倉遺跡群出土石器群の使用痕研究
須藤隆司 男女倉遺跡群分析の新視点
シンポジウム基調報告
橋詰潤 最終氷期末の両面加工刺突具の変遷について
堤隆 バイフェイスを携えて
大竹憲昭 先土器時代終末期における石材利用変化
橋本勝雄 神子柴型石斧の実像とその意味
長潤一 石斧をみる視点

ポスターセッション
池山史華 古本州島初期細石刃石器群における押圧剥離法の出現様相
内田和典・國木田 大・森先一貴 極東地域の土器出現期グロマトゥーハ文化の年代
小野 昭 遺跡分布パタンと森林限界の垂直移動
沢田 敦 阿賀野川水系三川地域産珪質頁岩の産状と利用
杉原保幸 木崎小丸山遺跡の紹介と立体地図で見る重要旧石器遺跡・ナウマンゾウの足跡
堤 隆 長野県佐久市志賀川上流域に分布する「駒込頁岩」とその利用状況について
野口 淳・佐藤祐輔・渡邊 玲・横山 真・千葉 史・神田和彦・小菅将夫 石器の形態・技術理解のための復元製作実験と3D計測
眞島 英壽 ハンドヘルド型XRFによる黒曜石の非破壊化学分析
渡邊玲 三次元形態分析による「目的剥片」の抽出
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。