新刊 発掘調査報告書 北関東

新刊発掘調査報告書北関東
BEST300
Ranking:217番 / 72,252冊
発掘調査報告書 19番 / 23,882冊
北関東 1番 / 1,917冊
N70629
書名 霞ヶ浦の前方後円墳 古墳文化における中央と周縁
シリーズ
著者 佐々木憲一・小野寺洋介 編
出版社 六一書房
出版年 2018/02
A4 ページ 367+巻末写真図版10頁
Cコード C3021 ISBN 9784864450980
付属品付図CD・DVD
 
 
新刊  会員割引:
6,480 (6,000円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【内容】
舟塚山古墳・折越十日塚古墳・大日塚古墳等の発掘・測量調査の成果。日本列島の国家形成期の古墳時代、「中央」から遠く離れた「周縁地域」はいかにして国家段階の社会へ進化したのか。古墳時代中後期の常陸を具体例とし、そのモデルを提示する。
【目次】
第1章 研究の目的と経過
第2章 舟塚山古墳と「陪冢」の調査
第3章 折越十日塚古墳の調査
第4章 大日塚古墳の調査
第5章 そのほかの古墳の測量調査
第6章 常陸南部の古墳をめぐって
第7章 古墳時代中央からみた東国
第8章 総括:霞ヶ浦沿岸地域における首長系譜の併存
【編者紹介】
佐々木憲一(ささき けんいち)
1962年東京生まれ、京都育ち。ハーヴァード大学大学院人類学研究科博士課程考古学専攻修了、Ph.D.(学術博士)。
現在、明治大学文学部教授。
主要著作:『雪野山古墳―未盗掘石室の発見』(新泉社2004)、『関東の後期古墳群』(編著、六一書房2007)、『はじめて学ぶ考古学』(共著、有斐閣2011)、『信濃大室積石塚古墳群の研究検(共編著、明治大学文学部考古学研究室・六一書房2015)
小野寺洋介(おのでら ようすけ)
1991年千葉県生まれ。明治大学大学院文学研究科博士前期課程在学中。
現在、大阪府立近つ飛鳥博物館。
主要著作:「善光寺平の集落遺跡における須恵器の導入と定着―住居を中心に―」『大阪府立近つ飛鳥博物館 館報19』(大阪府立近つ飛鳥博物館2016)、「古墳における儀礼の場とその順序―中期古墳を中心に―」大阪府立近つ飛鳥博物館 館報20』(大阪府立近つ飛鳥博物館2017)
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。