新刊 資料集

新刊資料集
BEST500
Ranking:450番 / 73,147冊
資料集 131番 / 3,502冊
N70886
書名 豊臣の城からみた佐和山城
シリーズ 織豊期城郭研究会 2018年特別研究集会資料集
著者
出版社 織豊期城郭研究会
出版年 2018/03
A4 ページ 147
Cコード ISBN
 
 
新刊  会員割引:無
2,160 (2,000円+税) 在庫 0冊 カートに入れる

注文数

在庫ございません
こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【開催要旨】※本書「2018特別研究集会開催にあたって」より一部抜粋
今回、佐和山城研究会からの依頼により、佐和山城跡の豊臣時代を匂わす遺構・遺物群を学術的観点から歴史的位置付けを行い、佐和山城跡の歴史的重要性を高めつつ、保護のために広く周知するためのシンポジウムを企画しました。
1日目は、佐和山城跡について言及している方にその内容を発表いただき、現在目にすることができる城跡遺構の年代観を把握します。
2日目は、佐和山城跡の遺構群が豊臣時代を中心に形成されたことを受けて、豊臣政権下で築城された城跡の蓄積された調査・研究成果を一堂に会して発表いただきます。これらをもって、『徹底追究!豊臣の城からみた佐和山城』と題した討論を行い、佐和山城跡の年代観、豊臣政権下の佐和山城の位置付け、城跡の重要性と保護について、徹底追究してみたいと思います。
【目次】
第1部 佐和山城の研究
佐和山城 報告
中井 均「佐和山城と城下町の構造一大手を考える一」
佐和山城 報告
太田浩司「佐和山城下町の復元―絵図と古文書から探る一」
佐和山城 報告
下高大輔「豊臣期佐和山城の形成過程」
第2部 豊臣の城の調査・研究
豊臣の城 報告 大坂城
市川 創「豊臣期大坂城に関する調査・研究の現状と課題」
豊臣の城 報告 郡山城
十文字健「郡山城天守台からみえる豊臣期の築城の様相」
豊臣の城 報告 水口岡山城
小谷徳彦「東海道の拠点城郭 水口岡山城」
豊臣の城 報告 緊楽第
古川 匠「衆楽第跡の発掘調査と表面波探査」
豊臣の城 報告 岡山城
乗岡 実「宇喜多秀家の備前岡山城」
豊臣の城報告 伏見城
奥井智子「近年の伏見城跡調査成果について」
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。