新刊 仏教・神道

新刊仏教・神道
Ranking:14,628番 / 82,245冊
仏教・神道 121番 / 582冊
N72071
書名 遺跡から「聖地」へ グローバル化を生きる仏教聖地
シリーズ
著者 前島訓子著
出版社 法蔵館
出版年 2018/05
A5 ページ 327
Cコード ISBN 9784831873859
 
 
新刊  会員割引:
5,280 (4,800円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
〈目次〉
序 章
一 問題の所在
二 インド・ビハール州・ガヤ県・ブッダガヤの地域的概要
三 ブッダガヤをめぐる先行研究とその課題
第一章 先行研究の検討
一 聖地論・巡礼論とその課題
二 「聖地」の「場所」研究としての位置づけ
三 「聖地」をいかに捉えるか?
第二章 忘れられた「仏教聖地」の蘇生
一 はじめに
二 姿を消す仏教と忘れられた「仏教聖地」――インドにおける仏教の盛衰
三 目覚める「仏教聖地」――十七―十九世紀
四 呼び覚まされる「仏教聖地」――十九世紀末から二十世紀初頭
第三章 「仏教聖地」における宗教的空間の再構築
一 はじめに
二 グローバル化する場所――「仏教最大の聖地」としてのブッダガヤの現在
三 「仏教聖地」空間の形成――仏教徒の祈りが捧げられる場所へ
四 「仏教聖地」空間の拡大――歴史的遺跡周辺に展開する各国仏教寺院
五 ブッダガヤの仏教化のターニングポイント
第四章 「聖地」再建の舞台――「仏教聖地」の多元的現実
一 はじめに
二 「仏教聖地」というブッダガヤの社会的現実
三 ローカル社会に浸透する「仏教化」
四 「仏教化」と歴史的遺跡周辺で進む「観光地化」
五 重層化する「仏教聖地」の場所
第五章 問い直される「仏教聖地」――「仏教聖地」は誰のものか?
一 はじめに
二 大塔管理に内在する葛藤――制度的「多様性の統一」の実際
三 大塔とその管理をめぐる緊張――制度的「多様性の統一」とその今日的困難
四 「仏教聖地」の場所の再編と抵抗――もう一つの「多様性の統一」
終 章
一 ブッダガヤにおける「仏教聖地」再建とその内実
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。