新刊 単行本 弥生

新刊単行本弥生
Ranking:3,010番 / 73,389冊
単行本 806番 / 8,007冊
弥生 86番 / 454冊
N72186
書名 東シナ海と弥生文化
シリーズ 環太平洋文明叢書 6
著者 安田 喜憲 七田 忠昭 編
出版社 雄山閣
出版年 2018/05
A5 ページ 224
Cコード ISBN 9784639025641
 
 
新刊  会員割引:
2,808 (2,600円+税) 在庫 2冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
第犠蓮‥譽▲献△般鐇己顕  一 稲作の伝播と菜畑遺跡(田島龍太)
 二 奴国(玄界灘沿岸)と東アジア(常松幹雄)
 三 佐賀の弥生文化にみる中国の文化要素(七田忠昭)
 四 「魏志倭人伝」における諸国の里程問題について(徐光輝)
第蕎蓮‘本神話と稲作文化
 一 日本神話と雲南の神話―稲魂信仰をめぐって―(欠端 實)
 二 九州の伝統菓子と長江文明(村岡安廣)
 三 日向と東アジア(藤木 聡)
 四 長江文明は日向に来た(安田喜憲)
第珪蓮^雕遒量ね
 一 稲作をめぐる生業活動と環境利用―ラオスと佐賀の農山村調査をもとに―(藤永 豪)
 二 過去から現在・未来の東アジアについて(金子晋右)
第絃蓮ゞ綵と長江文明
 パネリスト 石丸純子・七田忠昭・高宮広土・橋本達也・松下孝幸
 司会 岸本吉生
 有明海の変遷と生物の特長について(石丸純子) 
 「海上の道」を検証する(高宮広土)
 古墳時代の九州南部社会と交流(橋本達也)
 東アジアのなかの弥生人と古墳人(松下孝幸)
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。