新刊 入門書・手引書

新刊入門書・手引書
Ranking:4,764番 / 73,147冊
入門書・手引書 45番 / 327冊
N73076
書名 親子でまなぶ たのしい考古学
シリーズ
著者 山岸 良二 文  さかい ひろこ 絵
出版社 同成社
出版年 2018/07
A5 ページ 168
Cコード ISBN 9784886218018
 
 
新刊  会員割引:
1,836 (1,700円+税) 在庫 3冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※小学校中学年〜中学生を対象
<目次>
はじめに 考古学ってどんなことを研究するの?
第1話 今もナゾにみちたエジプトのピラミッド
第2話 縄文土器は世界でいちばん古い土器?
第3話 縄文人は何を食べてた?
第4話 日本人はどこからやってきた?
第5話 中国最初の皇帝 秦の始皇帝の巨大な墓
第6話 銅鐸や銅剣は何に使われた?
第7話 弥生時代のいろいろな墓
第8話 日本で最初のクニ「邪馬台国」はどんなクニ?
第9話 アジアの原人は日本人の祖先?
第10話 古墳ってなんなの?
第11話 古墳の周りになぜハニワを置いた?
第12話 高松塚古墳になぜ絵が描かれてた?
第13話 古代日本と関係の深い百済 武寧王陵のナゾ
第14話 法隆寺はほんとうはいつ建てられた?
第15話 日本でいちばん古いお金は?
第16話 平城京はどのくらいの大きさだった?
第17話 大噴火にうもれた古代の都市ポンペイ
第18話 信長や秀吉の城もわかってきた!
第19話 江戸時代の町や村も発掘されてる
第20話 発掘される明治・大正・昭和
第21話 密林のなかに発見された大仏教寺院 アンコールワット
第22話 発掘調査ってどのようにやるの?
第23話 今から何年前ってどうしてわかるの?
第24話 むかしの人はどれくらい遠くまで移動してた?
第25話 考古学によって地震の予測もできる!
おわりに 考古学はこんなにおもしろい
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。