新刊 雑誌・紀要 雑誌

新刊雑誌・紀要雑誌
Ranking:1,006番 / 76,319冊
雑誌・紀要 131番 / 10,045冊
雑誌 120番 / 8,056冊
N74447
書名 季刊考古学 第145号 特集 植生史と考古学 人と植物の関係史を探る
シリーズ
著者 工藤 雄一郎 編
出版社 雄山閣
出版年 2018/11
B5 ページ 124
Cコード 3021 ISBN 9784639026143
 
 
新刊  会員割引:
2,592 (2,400円+税) 在庫 1冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
植生史研究と考古学…工藤雄一郎
植生史から生態系史へ―集落生態系の復原と描画―…辻 誠一郎
微化石から描き出す人と森林との関係史
遺跡の花粉分析から地域スケールの植生史をさぐる―滋賀県の遺跡古生態学データベースに基づく植生景観復元への試み―…林 竜馬
累積性土壌の微粒炭と植物珪酸体から読み解く火入れ(山焼き)の歴史…井上 淳
宮城県多賀城跡からみた古代の森林破壊と土壌侵食…吉田明弘
花粉散布距離の推定からわかったこと…吉川昌伸
植物考古学の深化と植物利用研究
遺跡出土木材から見える森林資源利用…能城修一
縄文・弥生時代の編組製品の素材植物…佐々木由香
縄文時代と弥生時代の栽培植物…那須浩郎
青田遺跡における縄文時代のクリ利用…荒川隆史
残材にみる大径木の伐採技術―縄文時代から古代の事例に即して―…村上由美子
近世江戸の植物利用…鈴木伸哉
土器圧痕研究の新展開
圧痕家屋害虫学事始め…小畑弘己
縄文時代のマメ科植物の利用と栽培…中山誠二
土器底部圧痕と植物利用…真邉 彩
新しい研究法の開発とその適用
酸素同位体比年輪年代法による植生史学・考古学研究の新展開…箱真
次世代シーケンシング技術がもたらす古DNA分析の新地平…熊谷真彦
遺跡出土大型植物遺体データベースとその意義…百原 新・石田糸絵
最近の発掘から
砕葉鎮城を掘る キルギス共和国アク・ベシム遺跡…山内和也
〈連載〉考古学の旬
ヴォルギュと神子柴の石器群…稲田孝司
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。