新刊 資料集

新刊資料集
BEST1000
Ranking:637番 / 74,579冊
資料集 169番 / 3,543冊
N75102
書名 土器・金属器の韓日交渉
シリーズ 新・韓日交渉の考古学 第2回共同研究会
著者 李健茂 編
出版社 新・韓日交渉の考古学 初期鉄器・三国時代・弥生時代研究会
出版年 2018/10
A4 ページ 192
Cコード ISBN
 
 
新刊  会員割引:無
1,620 (1,500円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
於:嶺南大學校博物館講堂
※韓国語の発表も日本語訳が収録されています
〈主な内容〉※本書開催趣旨より一部抜粋
日本の科学研究費基盤(A)「新・日韓交渉の考古学―弥生時代―」の申請が2017年4月に採択されて始まった本共同研究会は、本年(2018年)1月6・7日に東アジア古代史・考古学研究会交流会と共催して、 日本の福岡大学で第1回共同研究会を開催できました。この第1回では主に水田や支石墓・石器など、韓半島の青銅器時代と日本列島の弥生時代前半期古段階の牒相を議論するとともに、多くの成果が得られました。
第2回となる今回は、場所を韓国の嶺南大学校に移して、「土器と金属器の日韓交流」を主題に開催いたします。時期は韓半島の初期鉄器時代から原三国時代と、それに併行する日本列島の弥生時代前半期新段階から後半期で、粘土帯土器や細形銅剣(韓国式文化、鉄器および鉄器生産に主題を絞り込みました。とくに今回は、韓国側から見た日本列島資料の分析が、ひときわ注目されると考えています。日本の研究者にはない韓国側研究者の新たな祝角や分析から得られた成果が示されることでしょう。また、渡来人の様相も検討の俎上に上るはずです。それらをめぐって、 日韓の研究者による忌憚のない意見が交わされることを期待してやみません。
目次
安在皓 韓国青銅器時代の時期区分の現況
朴辰一 墳墓に副葬した粘土帯土器と前期瓦質土器の検討
山崎頼人 三國丘陵地域における土器生産と無文土器
越鎮先 細形銅剣文化の日本列島波及と拡散過程
古澤義久 弥生時代壱岐島における韓半島系資料
鄭仁盛 韓半島産剣把頭飾、そして日本列島産剣 漆谷鶴亭洞出土剣把頭飾の検討を中心に
森本幹彦 玄界灘沿岸地域における韓半島系土器の様相 粘土帯土器・三韓系土器・楽浪系土器
金武重 韓半島 中部地域初期鉄器〜原三國時代鉄器生産 北漢江流域を中心に
繭宜田佳男 近畿における鉄器製作遺跡
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。