新刊 単行本 縄文

新刊単行本縄文
Ranking:2,079番 / 84,357冊
単行本 581番 / 9,307冊
縄文 110番 / 621冊
N77515
書名 環状列石ってなんだ 御所野遺跡と北海道・北東北の縄文遺跡群
シリーズ
著者 御所野縄文博物館 編集
出版社 新泉社
出版年 2019/04
A5 ページ 172
Cコード ISBN 9784787718198
 
 
新刊  会員割引:
1,980 (1,800円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
御所野遺跡から環状列石を読み解く  (高田和徳)
北の環状列石
御所野遺跡と配石遺構群
配石遺構群周辺の調査
御所野遺跡の時期
大木式土器文化の北上
土地造成と環状集落の形成
御所野からの分散
配石遺構群の出現
配石遺構群から環状列石へ
大規模な環状列石の分布
環状列石と掘立柱建物跡
世界遺産としての縄文文化  (小杉 康)
北海道・北東北の縄文遺跡群と世界遺産暫定リスト
「縄文」イメージ
環状列石(ストーンサークル)と盛土遺構
周堤墓
大規模記念物
縄文文化の定義・再考
縄文のアポリア
環状列石を考える:墓地型と斎場型
環状列石の新しい分布論
周堤墓を考える:モアイと周堤墓
人類史と人類文化の多様性
世界遺産と縄文文化
埋めない墓:環状列石と墓  (小林 克)
環状列石への新たな接近
葬法を見直す
蔵骨器としての土器
縄文時代後期の東北北部、環状列石の構造
北方少数民族の葬制と「骨掛け」儀礼
「弔」と墓上の弓掛け儀礼
墓地としての環状列石の伝統性
縄文人と神話的世界観  (大島直行)
縄文人のものの考え方、現代人のものの考え方
考古学の形式論・編年論と縄文人
祖先崇拝や家族の再考
「心の理論」と「適応的錯覚」
神話的世界観
縄文人の神話的思考が見える事例
「再生」「誕生」のレトリック
人間に根源的な「神話的思考」
縄文時代にさかのぼるアイヌ語系地名  (八木光則)
アイヌ語系地名の研究方法
「ナィ」「ペッ」の広がりを調べる
地名と考古学の接点
北海道・北東北の環状列石とアイヌ語系地名
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。