新刊 民俗・民族

新刊民俗・民族
Ranking:14,394番 / 81,420冊
民俗・民族 110番 / 1,422冊
N79134
書名 鳥羽・志摩の海女 素潜り漁の歴史と現在
シリーズ
著者 塚本 明 著
出版社 吉川弘文館
出版年 2019/06
A5 ページ 232
Cコード ISBN 9784642083546
 
 
新刊  会員割引:
2,420 (2,200円+税) 在庫 1冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
はじめに/原始・古代〜中世の海女(志摩半島に海女が多い理由/考古遺物から見る鮑漁/文学に登場した海女)/近世の海女(海女漁の実態/海女漁獲物の流通/伊勢参りの広がりと海女/海藻の大量消費と海女漁)/海女の出稼ぎ(江戸時代の上磯・下磯稼ぎ/明治期の出稼ぎの広がり/朝鮮半島への出稼ぎ/朝鮮半島への影響/変わりゆく鳥羽・志摩の漁村)/観光海女の歴史(海女と観光/江戸時代の見物される海女/浮世絵に描かれる海女/近代の見物される海女―見世物小屋から博覧会へ/「海女と真珠」の志摩)/近代の海女へのまなざし(県や国による海女調査/海女研究のはじまり/鳥羽・志摩の民俗/新聞紙上で取り上げられた海女)/海女文化の現代(文化財指定に向けた活動/日韓文化交流/海女の後継者問題/鮑の稚貝栽培と放流事業/海女漁獲物と流通/海女の意識改革を)/おわりに―海女文化の射程
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。