新刊 博物館学・文化財保存関係

新刊博物館学・文化財保存関係
Ranking:42,833番 / 80,458冊
博物館学・文化財保存関係 286番 / 457冊
N79277
書名 歴史を未来につなぐ   「3・11からの歴史学」の射程
シリーズ
著者 歴史学研究会 編
出版社 東京大学出版会
出版年 2019/05
A5 ページ 348
Cコード ISBN 9784130230759
 
 
新刊  会員割引:
3,850 (3,500円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
総論 「3・11からの歴史学」の現在――2019年の歴史的地平(大門正克)
I 3・11からの7年間が問いかけるもの
 1 ふくしまの経験と歴史学(阿部浩一)
 2 日本の学問と「3・11」(保立道久)
 3 東日本大震災がもたらした死者に関わる問題群(北原糸子)
 4 大規模自然災害時の歴史研究者と大学の役割――地域の記憶を歴史として継承するために(奥村 弘)
II 博物館・美術館展示と地域の復興・再生
 1 原子力災害と博物館活動(本間 宏)
 2 「災害とミュージアム」リアス・アーク美術館(山内宏泰)
 3 地域復興と博物館――陸前高田市立博物館の7年半(熊谷 賢/聞き手 鈴木 茂)
 4 記憶をつなぐ――津波災害と文化遺産(小田真裕)
 5 震災をめぐる想像力の「収斂」に抗するために(原山浩介)
III シリーズ「3・11からの歴史学」提言・時評から
III-1 歴史学再考
 1 自然災害史研究の射程(峰岸純夫)
 2 われわれは東北史になにを学ぶか――3・11以後の歴史学のために(河西英通)
 3 過去と現在を行き来する災害史研究――近世の飢饉研究から(菊池勇夫)
 4 妊娠から歴史を考える(田間泰子)
 5 歴史学が存続するために(高澤紀恵)
 6 関東大震災下における虐殺の記憶を継承するために――東日本大震災・ヘイトスピーチ・関東大震災90周年を経て(小薗崇明)
 7 私たちは阪神・淡路大震災における被災障害者支援の教訓を生かせているのか(野崎泰伸)
III-2 地域の復興・再生と歴史学・史料保存
 8 「震災」を経験して(大平 聡)
 9 3・11,熊本地震は歴史研究者に何を求めているのか(岡田知弘)
 10 「役に立たざるもの」の役に立つこと――災害時と歴史学・資料保全活動の心理社会的意義について(J.F.モリス)
 11 熊本における被災文化財レスキュー活動(稲葉継陽)
 12 東日本大震災と本(土方正志)
III-3 原発開発・原子力災害と歴史学
 13 「なかったこと」にさせない思いをつなぐ営みとしての歴史叙述(友澤悠季)
 14 原発事故から5年,福島県における農業・農村の現段階(小山良太)
 15 「3・11」後の原発政策と反原発運動(佐々木啓)
 16 「シン・ゴジラ」はいまどうなっているか?(大串潤児)
座談会 シリーズ 「3・11からの歴史学」の射程(阿部浩一・大門正克・奥村 弘・北原糸子・保立道久/司会:鈴木 茂)
あとがき(鈴木 茂)
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。