新刊 城郭

新刊城郭
Ranking:3,964番 / 81,538冊
城郭 54番 / 5,703冊
N79802
書名 戦国期城郭と考古学
シリーズ 中世史研究叢書31
著者 萩原 三雄 著
出版社 岩田書院
出版年 2019/07
A5 ページ 316
Cコード ISBN 9784866020730
付属品
 
 
新刊  会員割引:
7,040 (6,400円+税) 在庫 2冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
序章 城郭研究に関わる二題
     -戦国期城郭の織豊城郭化と州土鉄砲玉を題材に-
 第一編 中世城郭を読む
家財目録等にみる中世城郭の一様相
 -甲州八田家家財目録から-
財産目録からみた陶磁器の所有
 -甲州八田家家財目録を中心に-
中世城館における宗教的空間ともう一つの「城割」
新府城とこれからの中世城館跡研究
中世城館跡研究の一視点 -特に経営主体をめぐって-
「居館と詰城」に関する覚書
境界にのぞむ城郭
 第二編 武田氏の築城技術
丸馬出の研究
武田氏築城技術と新府築城
戦国期城郭の年代観
武田系城郭研究の現状と課題
 第三編 武田氏の城郭
中世戦国期における烽火台の特質と史的位置
甲斐国岩殿城の史的一考察
甲斐「福泉寺城」に関する一考察
終章 中世城館研究の課題と展望
付論 中世城館の保存と整備・活用
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。