新刊 民俗・民族

新刊民俗・民族
Ranking:3,964番 / 81,538冊
民俗・民族 10番 / 1,431冊
N81031
書名 戦国民衆像の虚実
シリーズ 高志書院選書12
著者 藤木久志 著
出版社 高志書院
出版年 2019/10
B6 ページ 300
Cコード ISBN 9784862151988
 
 
新刊  会員割引:
3,300 (3,000円+税) 在庫 2冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
序 比較史の魅力
第1部 民衆と戦場の現実
刀狩り―兵と農の分かれた社会へ/廃刀令の通説を疑う/戦国民衆像の虚実/村に戦争が来た/戦場の村のメンテナンス・システム/中世戦場の略奪と傭兵―「応仁の乱」の戦場から―/雑兵たちのサバイバル・システム/秀吉の朝鮮侵略と名護屋
第2部 飢饉の実態
弘治年間の村々の災害/永禄三年徳政の背景―歴史のなかの危機にどう迫るか―/戦国甲斐の凶作情報を読む/飢餓と戦争の鎌倉社会/ある荘園の損免と災害―東寺領播磨国矢野荘の場合―
第3部 地方からの視点
関東公方領のアジール性/領域勧農の記憶―南奥の「白川家年中行事」断章―/上杉謙信の印象/北奥から見た豊臣政権/和知の山論/市の立つ日
初出一覧
稲葉継陽 解説 藤木史学 そのスケールと成り立ち
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。