新刊 単行本 弥生

新刊単行本弥生
Ranking:1,339番 / 83,522冊
単行本 334番 / 9,200冊
弥生 45番 / 513冊
N81326
書名 農耕文化複合形成の考古学(下)  農耕がもたらしたもの
シリーズ
著者 設楽 博己 編
出版社 雄山閣
出版年 2019/10
A5 ページ 264
Cコード ISBN 9784639026679
 
 
新刊  会員割引:
7,150 (6,500円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
序 設楽博己
第1章……東アジア・土器からみた農耕の伝播
 東北アジアにおける土器製作技術の広がりと農耕の伝播 宮本一夫
 中国遼寧地域における新石器時代から青銅器時代の土器の器種組成の変化 石川岳彦
 朝鮮半島・青銅器時代の土器編年と組成変化 中村大介
第2章……日本列島・農耕と土器組成の変化
 再論・穀物農耕開始期の器種構成比率 藤尾慎一郎
 岡山平野における土器組成と農耕の展開 山口雄治
 徳島平野の動向からみた縄文から弥生への変化 中村 豊
 東海地域西部における縄文/弥生移行期の土器組成 永井宏幸
 壺形土器の減少と水稲耕作の相関性に関する検討 轟 直行
第3章 植物利用の変化
 縄文から弥生への植物資源利用の変遷 佐々木由香・能城修一
 縄文時代から弥生時代にかけての植生への人為干渉の変化 百原 新・工藤雄一郎
第4章 農耕と文化・社会の変容
 ヒエはなぜ農耕社会を生み出さなかったのか? 那須浩郎
 縄文時代におけるマメ科植物栽培の社会的ポテンシャル 山田康弘
 状盛土造営社会から再葬墓造営社会へ 小林青樹
 同位体分析による弥生時代の水稲利用の評価にむけて 米田 穣・菊地有希子・那須浩郎・山孔平
 東北北部地域における弥生時代の食性復元 國木田 大
総 論 縄文時代後期〜弥生時代の植物利用と土器組成 設楽博己・守屋 亮・佐々木由香
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。