新刊 資料集

新刊資料集
BEST300
Ranking:240番 / 81,040冊
資料集 78番 / 3,728冊
N81724
書名 日本考古学協会2019年度岡山大会研究発表資料集
シリーズ
著者
出版社 日本考古学協会2019年度岡山大会実行委員会
出版年 2019/10
A4 ページ 236
Cコード ISBN
 
 
新刊  会員割引:無
2,750 (2,500円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
公開講演会
宇垣匡雅 楯築墳丘墓の諸要素 墳形・墳頂施設と祭祀
亀田修一 古代吉備の対外交流 5・6世紀を中心に

研究発表分科会I 環境変化と生業からみた社会変動
富岡直人・山口雄治 【趣旨説明】環境変化と生業からみた社会変動
中塚武 樹木年輸の安定同位体比からみた西日本の環境変動
米田穣・日下宗一郎・山田康弘 骨の化学分析からみた食性の変化
那須浩郎 植物利用の変遷
田崎博之 北部九州〜瀬戸内沿岸における縄文時代後期〜弥生時代前期の堆積環境と遺跡の展開
山本悦世 岡山平野における沖積平野形成過程と遺跡動態
井上智博 大阪平野における縄文時代後期から弥生時代前期の地形変化と遺跡動態
濱田竜彦 鳥取平野における環境変化と遺跡の動態
中村豊 四国東部地域における縄文および弥生前期の遺跡動態と地形環境

研究発表分科会 古墳時代中期の巨大古墳
尾上元規・鈴木一有 趣旨説明 古墳時代中期の巨大古墳
原田昌浩 畿内:古市・百舌鳥古墳群
重藤輝行 九州:西都原古墳群 男狭穂塚・女狭穂塚等九州南部の大型古墳
安川満 岡山:造山古墳・作山古墳・両宮山古墳 古墳時代中期吉備王権の性格
岸本道昭 兵庫:壇場山古墳
西本沙織 四国:渋野丸山古墳
深澤敦仁 関東:太田天神山古墳

研究発表分科会掘.献Д鵐澄執邑迭悗慮什
松本直子・光本順 趣旨説明 ジェンダー考古学の現在
五十嵐由里子 人骨から推定する縄文・弥生時代の出生率と寿命
舟橋京子 抜歯風習からみた親族集団とジェンダー
菱田淳子 考古資料からさぐる女性労働
内田純子 中国先秦時代のジェンダー構造 殷墟を中心に
光本順 弥生・古墳時代の身体表現と異性装
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。