新刊 単行本 古墳

新刊単行本古墳
Ranking:1,440番 / 81,428冊
単行本 365番 / 8,930冊
古墳 95番 / 940冊
N82165
書名 馬の考古学
シリーズ
著者 右島 和夫 編
出版社 雄山閣
出版年 2019/11
B5 ページ 334
Cコード ISBN 9784639026808
 
 
新刊  会員割引:
8,360 (7,600円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
第1章 馬が渡来した時代
総論 群馬発「馬の考古学」―古墳時代馬匹生産の原風景―……右島和夫
日本に伝えられた馬文化……千賀 久
古墳時代における日朝関係の概観……高田貫太
5〜6世紀の日本列島における韓半島系資料と意味……洪潽植
第2章 東アジアの馬文化
東アジアにおける馬文化の東方展開……諫早直人
中国古代の馬文化……菊地大樹
コラム ウマとマメ……菊地大樹
百済社会における馬匹の飼育と使用……権五栄
新羅・加耶の馬文化……李姃
コラム 九州島における馬文化の受容……桃祐輔
コラム 日本列島に馬が渡来したのはいつか……積山 洋
第3章 畿内に定着した馬文化
生駒山西麓の馬飼い……野島 稔
コラム 河内の馬飼と近都牧……佐藤健太郎
コラム 蔀屋北遺跡からみた馬飼い……宮崎泰史
ヤマトの手工業生産と馬……青柳泰介
コラム 藤原宮造営と馬……山崎 健
紀伊における馬文化―生産遺跡との関わりから―……田中元浩
河内・大和の動物供犠と斃馬処理……丸山真史
コラム 日下貝塚の埋葬馬と古墳時代の遺物……藤田道子
第4章 開拓される東国の馬産地
古墳時代における古東山道の成立と馬……右島和夫
上毛野における古墳時代の馬生産……若狭 徹
黒井峯遺跡にみられる馬と人との関わり……深澤敦仁
コラム 金井遺跡群の調査と馬文化……杉山秀宏
コラム 古人骨からよみがえる金井遺跡群の人々……舟橋京子・米元史織
史料から見た古代上野国の馬と牧……前澤和之
伊那谷の古墳と馬飼い……渋谷恵美子
コラム 北信の渡来系文物と馬文化……山本孝文
東海における古墳時代の馬文化の様相……大谷宏治
南東北の馬文化……堀 哲郎
第5章 遺跡から出土する馬とその足跡
動物考古学による古墳時代のウマ研究……丸山真史・覚張隆史
コラム 救出された蔀屋北遺跡の埋葬馬……宮崎泰史
コラム 蔀屋北遺跡の馬の復元と活用―切り取り遺構から骨格復元、そして成体馬へ―……小浜 成
東国の古墳時代馬……植月 学
コラム 中国古代馬のDNA分析……菊地大樹
山災害遺跡から探る古墳時代馬の生態……石井克己
コラム 馬を飼い・馬を養う……中川 剛
コラム 蹄跡から探る古墳時代馬の実像……田村 孝

第6章 馬をとりまく人々の動き
河内・上毛野における農耕と馬……大庭重信
コラム 群集墳からみた馬……飯田浩光
鍛冶を担う人々―鍛冶遺跡出土の金属製馬具を中心に―……真鍋成史
古墳時代の製塩土器と集落……入江文敏
畿内の外来系土器……中野 咲
コラム 馬形埴輪と馬飼形人物埴輪……辻川哲朗
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。