新刊 民俗・民族

新刊民俗・民族
Ranking:44,233番 / 82,777冊
民俗・民族 631番 / 1,464冊
N83207
書名 日本酒の起源〈新版〉 カビ・麹・酒の系譜
シリーズ
著者 上田誠之助著
出版社 八坂書房
出版年 2020/01
B6 ページ 200
Cコード ISBN 9784896942699
 
 
新刊  会員割引:
2,420 (2,200円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
糸引き納豆と日本古代の酒づくり
 留学生と糸引き納豆
 アジアの納豆菌とその不思議な分布
 日本の稲と大豆の由来
 縄文人と口噛み酒と糸引き納豆
 日本酒の起源と神酒
第1章 日本民族の成立と稲作の渡来
 縄文人と弥生人
 稲作はどこから
第2章 古代の神酒
 神饌─しとぎと神酒
 南方から伝えられた口噛み酒
 風土記にみる口噛み酒
 神社にみる口噛み酒のなごり
 天津神はツングース系の人か
 果汁や雑穀類などによる神酒
第3章 琉球弧と神酒
 奄美大島で「ミキ」に出会う
 江戸時代までつづいた口噛み酒づくり
 口噛みによる神酒のつくり方とその変遷
 琉球弧の神酒は麹が苦手
第4章 しとぎと神酒
 東南アジアに見られるしとぎ
 しとぎから米餅麹へ─中国・朝鮮の場合
 神社に伝わるしとぎからの神酒づくり
第5章 ゲツと餅麹
 中国におけるゲツと餅麹の歴史
 古代朝鮮の酒づくり
 芽米を用いて醴酒をつくる
 口噛み酒から芽米酒、そして麹酒へ
 米バラ麹の誕生を追って
第6章 餅麹による麹酒づくり
 古代にすたれた米餅麹の酒
 しとぎを用いて甘酒をつくる
 日本の酒はなぜ米バラ麹を使うのか
第7章 世界各地のカビ酒とその起源
 醸造酒の三つのグループ
 中国におけるカビ酒とその起源
 朝鮮におけるカビ酒とその起源
 東南アジアにおけるカビ酒
 中央アフリカに見出されたカビ酒
 口噛み酒の本場、南アメリカのカビ酒
おわりに─日本古代の酒づくりに思いを馳せて
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。