新刊 単行本 古代

新刊単行本古代
Ranking:7,711番 / 84,252冊
単行本 2,072番 / 9,301冊
古代 531番 / 2,249冊
N84374
書名 律令交通の制度と実態
シリーズ
著者 榎 英一 著
出版社 塙書房
出版年 2020/03
A5 ページ 498
Cコード ISBN 9784827313116
付属品
 
 
新刊  会員割引:
16,500 (15,000円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
第一部 正税帳から見た伝制
 序章 食法とその意義
 第一章 天平四年度越前国郡稲帳―郡稲による給粮―
 第二章 天平十年度周防国正税帳―さまざまな給粮―
  補論 天平十年度筑後国正税帳の給粮記事
 第三章 天平十年度駿河国正税帳―伝使ではない使者への給粮―
  補論 伊勢国計会帳に見る逓送
 第四章 天平九年度但馬国正税帳―駅使と伝使への給粮―
 第五章 天平四年度以前播磨国郡稲帳
 第六章 正税帳郡部の給粮記事―和泉監・豊後国・薩摩国―
 第七章 伝制の制度と実態
第二部 国司の交通
 第八章 新任国司向任の旅
 第九章 正税帳国司巡行記事の復原をめぐって
 第十章 国司巡行制と国司公廨田の成立
  付論一 外官職分田制の二、三の問題―田令在外諸司条と外官新至条―
 第十一章 和銅五年五月十六日格の意義
 第十二章 朝集使の乗駅馬
  補論 貢調使が発行した「朝集使解」
  付論二 防人と防人部領使の旅
第三部 諸国行程と調庸運送
 第十三章 延喜式諸国行程の成立
 第十四章 調庸運送の制度と実態――唐令継受から延喜式まで――
  付論三 調庸納官覚書
 

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。