新刊 陶磁器・美術

新刊陶磁器・美術
Ranking:46,162番 / 84,698冊
陶磁器・美術 344番 / 659冊
書名 ようこそきものの世界へ 英訳付
シリーズ
著者 長崎巌 著
発行元 東京美術
出版年 2020/03
B5 ページ 128
六一ID N84717 ISBN 9784808711559
 
 
新刊  会員割引:
2,420 (2,200円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
はじめに
第一章 「きもの」という言葉、「小袖」という言葉
時代とともに変化する言葉/「小袖」の種類・名称
第二章 移り行く流行 女性の小袖ときものの変遷  
1近世の小袖
桃山時代の小袖 男女が類似した小袖を着る/江戸時代初期の小袖 武家女性の小袖と町人女性の小袖/江戸時代前期の小袖 エポックとなった寛文小袖/江戸時代中期の小袖 友禅染の出現と展開/江戸時代後期の中流町人女性の小袖 裾模様と褄模様の流行/江戸時代中期以降の武家女性の小袖 形式化した模様/江戸時代後期の富裕町人女性の小袖 贅を尽くした美しさ/江戸時代後期の公家女性の小袖 保守的な美意識  
2新しい染料と技術が生み出した美 明治時代のきもの
3西洋の花と風景に憬れる 大正時代のきもの
4モダンな試み 昭和時代前期のきもの
5庶民に広がったモダニズム 銘仙
第三章 様々な素材と技法
絞り染/刺繍/友禅染/型染/きものの素材
第四章 きものの装身具
帯/櫛・簪/帯留
コラム きものの部分名称/きものの模様/小袖・きものの着装と仕立ての変遷
付録 小袖雛形本/振袖と留袖
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。