新刊 単行本 古代

新刊単行本古代
Ranking:4,576番 / 84,699冊
単行本 1,265番 / 9,378冊
古代 305番 / 2,271冊
書名 難波宮と大化改新
シリーズ 日本史研究叢刊36
著者 大阪市立大学難波宮研究会 編集
発行元 和泉書院
出版年 2020/05
A5 ページ 344
六一ID N85071 ISBN 9784757609525
付属品
 
 
新刊  会員割引:
7,920 (7,200円+税) 在庫 4冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
第1章 大化改新論と難波長柄豊碕宮研究の現在 岸本直文
第2章 上町台地の都市化と難波屯倉 南秀雄
第3章 難波屯倉の成立と凡河内直氏 古市晃
コラム1 法円坂遺跡大型倉庫群の設計尺度 道上祥武
第4章 孝徳紀に見える諸宮―二段階造営説の再検討―  栄原永遠男
第5章 日本における律令制的王宮の成立 積山洋
コラム2 難波大道 積山洋
第6章 前期難波宮の曹司遺構 高橋工
第7章 大化改新と宮殿建築―新しい建築類型をめぐって― 李陽浩
第8章 前期難波宮研究の課題 積山洋
第9章 大化改新論に関する覚書 磐下徹
コラム3 難波宮跡出土木簡 磐下徹
第10章 難波地域の地割と土器様相からみた大化改新 市川創
第11章 大化の薄葬令による古墳の変化 岸本直文
第12章 前期難波宮と唐の太極宮 村元健一
コラム4 東アジアの都城 隋唐の長安 村元健一
第13章 六世紀における中国都城制度の変遷 朱岩石 /翻訳 今井晃樹
コラム5 東アジアの都城 隋唐の洛陽 村元健一
第14章 古代韓国における無城郭形都城の拡大過程とその意味
      ―新羅を中心に― 梁正錫 /翻訳 李陽浩
コラム6 東アジアの都城 朝鮮半島の都城遺跡 李陽浩
あとがき 岸本直文・磐下徹
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。