新刊 単行本 縄文

新刊単行本縄文
Ranking:3,521番 / 84,698冊
単行本 984番 / 9,378冊
縄文 163番 / 622冊
書名 マメと縄文人
シリーズ ものが語る歴史40
著者 中山 誠二 著
発行元 同成社
出版年 2020/05
A5 ページ 208
六一ID N85255 ISBN 9784886218445
 
 
新刊  会員割引:
4,070 (3,700円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【書評】
・ 新津 健氏 2020年6月 六一書房書評コーナーでご覧いただけます
【主な内容】
日本の作物栽培は弥生時代以降と考えられてきたが、レプリカ法によって縄文土器にマメの圧痕が発見され、すでに縄文時代にはマメが栽培されていたことが明らかに。植物考古学の最前線に立つ著者が最新の研究成果と共に、基本的観察法を紹介する。
【目次】
第1章 縄文人が利用したマメ
 1.日本人が利用しているマメのはじまり
 2.アズキか、リョクトウか? 
 3.縄文のダイズ研究元年 
第2章 マメの同定法
 1.古代の植物の研究法 
 2.土器についた不思議な孔
 3.マメの部位と種類の見分け方
 4.さまざまなマメの種子の特徴
第3章 縄文時代のアズキ
 1.アジアヴィグナ 
 2.現生アズキ亜属の観察
 3.縄文時代のアズキ亜属の植物遺存体 
 4.アズキ亜属の圧痕観察
 5.縄文アズキの出土状況
第4章 縄文時代のダイズ
 1.縄文中期ダイズの発見 
 2.縄文ダイズの検出状況と年代
 3.縄文ダイズの種子の大きさと形態
 4.縄文ダイズの形態と大きさ復元
 5.在来種の栽培ダイズの形態的観察
 6.現生の栽培ダイズの形態的特徴 
 7.現生ダイズと縄文ダイズの比較 
第5章 マメ科植物の大型化と栽培化
 1.植物のドメスティケーション 
 2.ダイズの起源地に関わる従来の説 
 3.植物考古学のデータ 
 4.遺伝学から見たダイズの起源 
 5.縄文ダイズの種子形態の時間的変化 
 6.縄文ダイズの栽培化プロセス 
 7.ツルマメと中間タイプの発見 
 8.アズキの栽培化 
第6章 マメの栽培利用と調理法
 1.縄文時代の植物管理・栽培 
 2.マメ科植物利用と気候変動 
 3.マメは主食だったのか? 
 4.マメの調理法 
第7章 マメと縄文人
 1.食料としてのマメの役割
 2.世界の新石器時代のマメ利用 
 3.マメをとりまく精神世界 
 4.古代のマメと和食とのつながり 
 5.「縄文マメ学」の未来 
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。