新刊 雑誌・紀要 雑誌

新刊雑誌・紀要雑誌
Ranking:2,564番 / 84,698冊
雑誌・紀要 478番 / 10,680冊
雑誌 428番 / 8,751冊
書名 三河考古 第30号 
シリーズ
著者
発行元 三河考古刊行会
出版年 2020/06
A4 ページ 145
六一ID N85275 ISBN
 
 
新刊  会員割引:無
2,750 (2,500円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※今号よりA4サイズとなりました
【特集】 三河の城出土の近世瓦
特集要旨    
<各城の資料紹介>
岡崎城 ……  山口遥介      吉田城 ……  中川永
刈谷城 ……  河野あすか     西尾城 ……  浅岡優
挙母城 ……  安藤佑真      田原城 ……  清水俊輝
蒲形陣屋 …… 松田繁
<個別論考>
浅岡優「西尾城出土の立葵文瓦」 
河野あすか「立ち沢瀉紋の瓦について」
山口遥介「銘文瓦にみる三河地域の瓦師の動向」
<特別寄稿>
金子智「三河地域の近世瓦研究の現状と課題」 
【論文】
長田友也「愛知県豊田市今朝平遺跡発掘調査報告書補遺」
成瀬陽介「豊田市三斗目遺跡出土の朱付着磨石について」 
黒澤浩「岡島遺跡の所謂「銅鐸形土製品」について 銅鐸形土製品の認定」
岩原剛「三河における群集墳の理解に向けて」 
稲垣僚「飛鳥時代の南伊勢地域と須恵器の絶対年代  昼河C12 号墳と河田C12 号墳を対象に」
前田清彦「瓦塔にまつられた陰刻仏画-伊知多神社遺跡出土仏画陶製品の類例とその性格-」 
大西 遼 片桐紀奈子 河野あすか 森まどか 中川 永「灰釉陶器出現前後の猿投窯 3.K-14号窯(上)」
神谷真佐子 杉浦 茂「知立市域の中世集落を考える機1993年度腰前遺跡発掘調査の再整理を通して」
バックナンバー 
投稿規定
編集後記
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。