シンポジウムのお知らせ
 
歴史学研究会大会
日時:2020年12月5日(土)、6日(日)
会場:一橋大学国立キャンパス
問合先:歴史学研究会
六一書房当日出店:×
※新型コロナウイルス対策で5月23、24日から延期となりました
 大会プログラムの発行、図書の販売も12月に行われる予定です
 
考古学研究の最前線 パラダイムシフト 縄文時代をどう捉えるか
日時:2020年7月25日(土) 10:00〜16:10
会場:千葉市生涯学習センター
問合先:千葉市立加曾利貝塚博物館
六一書房当日出店:×
加曽利貝塚博物館特別研究講座
参加費:無料
講師(発表順):加納実 吉野真如 田村隆 安斎正人
<内容>
理論考古学の旗手安斎正人、先史考古学研究の第一人者田村隆を講師に迎え、パラダイムシフト(枠組みの転換)を主題に、新たな研究法を模索する場を設けました。(パンフレットより抜粋)
詳細はこちら(PDF)
 
日本考古学協会 第86回総会 ※中止
日時:2020年5月24日(日)
会場:専修大学 生田キャンパス (小田急線 向ヶ丘遊園駅)
問合先:専修大学文学部歴史学科
六一書房当日出店:×
4月8日時点で日本考古学協会HPにて新型コロナウイルス対策のため総会および図書交換会の中止 の発表がありました。
「延期」ではなく「中止」です。
<弊社対応につきまして>
■図書販売について
弊社HPにて期間限定で使用できるクーポンの発行を目指しています。
対象:六一書房出版物を購入のお客様
割引:自社出版物2割引 or 送料無料 or その両方
期間:5月21日〜24日の4日間程度を予定
クーポン発行方法:日本考古学協会発表要旨の広告欄、メルマガ、SNS
利用方法:購入画面でクーポンコードを入力
クーポン機能、技術的に可能なことは確認済みですが期日に間に合うか、詳細がどのようになるかは進めながら決めていきますので随時SNSなどで状況お知らせいたします。
■図書の仕入れについて
会場で新刊をお預かりしておりましたが、今回はそれができません。各発行元によって弊社入荷の対応が変わってくるかと思いますので随時仕入れ担当にご相談ください。
例)発行元より発送で納品、印刷会社から直接納品、弊社営業担当訪問時に受け取り など
過去にお取引のない方もお問い合わせフォームよりご相談いただけましたら担当よりお返事いたします。(詳しくは弊社HP右下「図書の委託について」をご参照ください)
また、今回は販売ができないため発行を見送らざるを得ないというタイトルがございましたらお知らせいただけますと幸いです。
■日本考古学協会第86回大会要旨集について
通常よりも刊行予定が遅くなる見込みですが、刊行後に弊社で販売予定です。価格未定。2020年7月中旬頃の刊行入荷の予定です。
 
第21回播磨考古学研究集会「製塩土器からみた播磨」
日時:2020年2月16日(日)
会場:姫路市教育会館
六一書房当日出店:×
参加費:1000円(資料代込)自由参加
※詳細は添付のPDFをご覧ください
詳細はこちら(PDF)
 
第9回近世陶磁研究会『江戸時代における年代の判る罹災資料 中国陶磁と肥前陶磁の共伴資料を中心に』
日時:2020年2月8日(土)・9日(日)
会場:佐賀県立九州陶磁文化館 講堂
六一書房当日出店:×
参加費 1,000円 資料代 実費(2,000円〜3,000円程度の予定)
※詳細は添付のPDFをご覧ください
詳細はこちら(PDF)
 
東国古代遺跡研究会第10回研究大会 東国における古代遺跡の諸問題(2)
日時:2020年2月8日(土)・9日(日)
会場:国士舘大学世田谷キャンパス メイプルセンチュリーホール 4階 中教室
六一書房当日出店:×
※事前参加申し込み(締切2020年1月25日必着)。先着150名
※詳細はPDFをご覧ください
詳細はこちら(PDF)
 
古代学研究会 2019年度拡大例会・シンポジウム 「地域社会の展開と手工業生産」 埴輪生産遺跡と集落・古墳の対比から
日時:2020 年1月18日(土) 10:00 〜 16:35(9:40 開場)
会場:大阪歴史博物館 講堂  (地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目駅」2号出口より徒歩5分・9号出口より徒歩2分)
六一書房当日出店:×
定 員:250 名(当日先着順)
※詳細は添付のPDFファイルをご確認ください
詳細はこちら(PDF)
 
第33回 東北日本の旧石器文化を語る会(秋田大会)
日時:2019年12月21日(土)・22日(日)
会場:中央市民サービスセンター(洋室4) (秋田県秋田市山王一丁目1番1号 秋田市役所本庁舎3階)
六一書房当日出店:×
・要参加申し込み 12 月6日(金)締め切り
・参加費1,000円
※詳細は添付のPDFをご覧ください
詳細はこちら(PDF)
 
令和元年度長崎県考古学会秋期大会「対外交易の窓口 長崎・出島」
日時: 2019年12月15日(日) 10:00〜17:00
会場:長崎大学 中部講堂
六一書房当日出店:×
入場無料
※詳細は添付のPDFをご参照ください
詳細はこちら(PDF)
 
縄文研究の地平 2019 研究集会
日時:2019年12月15日  10:00〜16:30
会場:東京都埋蔵文化財センター 会議室
六一書房当日出店:×
テーマ「縄文研究の地平 2019 層位 分層、遺物ドット・接合からみた遺跡形成 〜」
参加無料。事前申し込み不要です。
※詳細は添付のPDFをご覧ください
詳細はこちら(PDF)
 
シンポジウム「ここまでわかった!まつやまの古代史」
日時:2019年12月14日(土) 13:00〜16:00
会場:松山市考古館
六一書房当日出店:×
【基調講演】 「松山の前方後円墳」 報告:山内英樹 (松山市教育委員会)
【講演会】 「四国の後期古墳」  講師:大久保徹也 先生 (徳島文理大学教授)
【パネルディスカッション】
「松山の古墳時代・飛鳥時代をどう読み解くか?」
パネリスト:前園 實知雄 先生 (奈良芸術短期大学教授)
大久保 徹也 先生 ・ 山内 英樹
コーディネーター:梅木 謙一 (松山市考古館長)
※シンポジウムの参加は当日受付です。当日の観覧券が必要です
詳細はこちら
詳細はこちら(PDF)
 
公開特別講座 「日神と馬」
日時:2019年12月9日(月)
会場:西武池袋本店 別館8階
問合先:池袋コミュニティ・カレッジ
六一書房当日出店:×
講師:山口 博氏
内容:スサノオノの乱暴の中でも馬の皮をはいで姉天照大神に投げつけた行為が最悪で、天照大神は怒り天岩戸に籠る。天照大神は日神・太陽であるから、太陽に犠牲馬を投げたということである。太陽に犠牲馬を捧げる風習が古代西アジアに広くあったことを知ると、その風習の変貌した姿がスサノオの行為と考えられる。
受講料:2,902円
申込:事前申込み必要
 
第16回古代武器研究会
日時:2019年12月7日(13:30〜17:45)、12月8日(9:00〜15:00)
会場:山口大学大学会館 [吉田キャンパス] (〒753-8540 山口市吉田1677-1 山口大学人文学部)
六一書房当日出店:×
 
縄文時代文化研究会30周年記念シンポジウム 「縄文時代葬墓制研究の現段階」
日時:2019年12月7日(土)・8日(日)
会場:日本大学文理学部(東京都世田谷区桜上水3-25-40)
六一書房当日出店:×
1日目 基調講演 山本暉久「縄文時代の葬墓制研究をめぐって」
地域別基調報告「縄文時代における葬墓制研究の現状をめぐって」
2日目 テーマ別基調報告  
(1)埋葬施設からみた縄文葬墓制 (2)葬法からみた縄文葬墓制 (3)社会へのまなざし (4)新たな方法論とのコラボレーション (5)葬墓制研究における課題と展望
※詳細は添付のPDFをご覧ください
※資料集は当日完売となりました。
詳細はこちら(PDF)
 
特別史跡加曽利貝塚 発掘調査現地説明会
日時:2019年11月30日(土) 10:00〜12:00、13:00〜15:30
会場:特別史跡 加曽利貝塚
問合先:加曽利貝塚博物館
六一書房当日出店:×
所要時間30分程度 *荒天時、翌日に延期
平成29年より3ヶ年にわたって実施してきた縄文時代晩期の発掘調査の現地説明会。直径12mを超える大型の竪穴住居跡や出土遺物が見られます!
詳細はこちら
詳細はこちら(PDF)
 
Hunting:狩猟相解明のためのアプローチ
日時:2019年11月16日(土)、17日(日)
会場:浅間縄文ミュージアム あつもりホール
問合先:浅間縄文ミュージアム
六一書房当日出店:×
【内容】
人類は与えられた環境・生態の中で、どのような狩猟活動を展開してきたか。先史人類から現今の狩猟採集民まで、狩猟についての多様な研究アプローチを行う。
【発表者】※発表順
田中二郎 麻生順司 佐野勝宏 高倉純 佐藤孝雄 山田昌久 近藤 敏 米田穣 田口洋美 佐藤宏之
【主催】
浅間縄文ミュージアム・八ヶ岳旧石器研究グループ・佐久考古学会
※自由参加(申込み不要) ただし参加費として2000円(資料代含む)が必要です
詳細はこちら(PDF)
 
山梨県考古学協会2019 設立40周年記念・臨時企画 『技術で拓く文化財研究』
日時:2019年11月16日(土)・17日(日)
会場:帝京大学文化財研究所 山梨県笛吹市石和町四日市場1566-2
六一書房当日出店:×
会員以外の参加可です。先着順、事前申込制です(2019年11月10日締切)
基礎講座、研究・事例報告会 会場:大ホール
ハンズオン 会場:研究棟2階 講義室
※詳細は添付のPDFファイルをご確認ください。
詳細はこちら(PDF)
 
金鈴塚古墳の主に迫る
日時:2019年11月9日(土)
会場:木更津市民会館 中ホール
問合先:木更津市教育委員会教育部文化課
六一書房当日出店:×
金鈴塚古墳の時代に造詣が深い5名のパネラーのそれぞれの視点から、金鈴塚古墳の被葬者に迫ります。
木更津市民の方はもちろんのこと、金鈴塚古墳に関心のある方、気になっている方は、ぜひご参加ください。
パネラー
大谷 晃二 氏 小林 孝秀 氏 須永 忍 氏 土屋 隆史 氏 宮代 栄一 氏
※当日資料は当日のうちに配布終了となり、入手不可となっております。
詳細はこちら(PDF)
 
日本考古学協会 岡山大会
日時:10月26日(土)、27日(日)
会場:岡山大学津島キャンパス
問合先:岡山大学実行委員会
六一書房当日出店:×
分科会1 環境変化と生業からみた社会変動
分科会2 古墳時代中期の巨大古墳
分科会3 ジェンダー考古学の現在

 
第51回考古学研究会東京例会 特集「古墳時代前期前半の東日本を考える」
日時:2019年10月19日(土)11:00〜17:00 (受付開始10:30)
会場:明治大学駿河台キャンパス 12号館10階 2103教室(190名収容)
六一書房当日出店:×
【趣旨】2019 年10 月、明治大学博物館において、4 世紀前半代の良好な古墳出土資料群として知られる滋賀県雪野山古墳の主要な出土遺物(国指定重要文化財を含む)が、東日本で初めて展示・公開されます。雪野山古墳が築かれた古墳時代前期前半代は、出現期古墳の問題も絡んで多くの議論が行われています。今回は、古墳出現期から雪野山古墳の時代の関東及び東日本の様相について、土器や墳丘、最新の発掘調査事例を含めた多様な視点から考えます。なお、昼休憩時に例会参加者を対象にした雪野山古墳展の展示解説を、展示主催者の東近江市のご協力により特別開催します。
【参加費】資料代 一般500円、学生300円(考古学研究会員は各100円割引)
※申込み不要。学生や、会員以外の方でも参加できますので、お気軽にご参加ください。
※詳細は添付のPDFをご覧ください

詳細はこちら(PDF)
閉じる×

共用PCで自動ログイン機能は
使わないでください

職場、学校、ご家族でご利用など
共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

可能性がございます。

自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
次回アクセス時から自動でログインされなくなります

閉じる×

図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。