特価図書

もっとお手にとっていただけるよう、
お求めやすい価格になりました

古書は毎日更新

2022年07月03日現在、140,921冊(58,425点)の在庫があります

販売の委託について 図書の出版について 図書の買取について

新着の本

もっと見る

    1 / 5

      1 / 5

        1 / 5

          1 / 5

          六一書房のイチオシ

          もっと見る

            1 /

              1 /

                1 /

                  1 /

                  六一インフォメーション

                  もっと見る
                  • お知らせ
                  • シンポジウム
                  • 日本考古学協会2022年度福岡大会 出店予定なし

                    日時:2022年10月8日(土)・9日(日)・10日(月)

                    会場:九州大学伊都キャンパス(福岡県福岡市西区元岡744)

                    ※詳細はHPをご覧ください

                    もっと見る
                  • 第22回播磨考古学研究集会「播磨の中期古墳」 出店予定なし

                    日時:2022年7月24日(日)10:00〜

                    会場:姫路市教育会館(兵庫県姫路市飾磨区清水2丁目128)

                    ※事前申込制。当日1000円(資料代込み)。ウェブサイトヘ申込必要。定員有。詳細は添付のPDFのチラシをご覧ください
                    ※資料集と第21回の記録集は研究集会終了後に弊社入荷予定です。詳細は追ってご案内いたします。

                    もっと見る
                  • 日本考古学協会 第88回(2022年度)総会 出店予定なし

                    日時:2022年5月28日(土)・29日(日)

                    会場:早稲田大学早稲田キャンパス、戸山キャンパス

                    ※図書交換会は今年度も開催が見送りとなりましたため、弊社も出店の予定はございません。
                    ※すべての行事について、対面・オンラインの併用を想定していますが、新型コロナウイルス感染症の流行状況により、開催方法が変更となる場合があります。最新情報は日本考古学協会のHPをご覧ください。
                    セッション1「資格制度を考える」
                    セッション2「縄文社会変動の深層を探る」
                    セッション3「列島東北部における弥生農耕文化の受容と展開」
                    セッション4「日本における弥生時代水田稲作技術の再検討」
                    セッション5「ランドスケープ(景観)で考古学する」
                    セッション6「海域アジアにおける文化遺産の保存と活用 トランスナショナルな解釈枠組み構築に向けて」
                    セッション7 埋蔵文化財保護対策委員会「近現代遺跡の調査と保存・活用」
                    セッション8 英文機関紙編集委員会「The ’Axial Age’ in the periphery of a world system(<縁辺>における<枢軸時代>の展開)※全編英語

                    ※要旨集については大会終了後の入荷を予定しております(価格や入荷時期は未定です)

                    もっと見る
                  • 第10回近世陶磁研究会  出店予定なし

                    日時:2022年2月12日〜13日で開催

                    会場:オンライン

                    もっと見る
                  • 史跡大曲輪貝塚講演会「人骨から読み解く縄文時代」 出店予定なし

                    日時:022年2月12日(土)13:00開場 13:30開演(15:30終了予定)

                    会場:鯱城ホール(名古屋市中区栄一丁目23番13号 伏見ライフプラザ5階) 名古屋市営地下鉄東山線「伏見」6番出口より南へ徒歩7分  名古屋市営地下鉄鶴舞線「大須観音」4番出口より北へ徒歩7分 ※公共交通機関でお越しください。

                    問合先:名古屋市教育委員会文化財保護室 TEL:052-972-3269 FAX: 052-972-4202

                    参加費用 無料
                    定員 370名(当日先着順)
                    内容 13:30 開演
                       13:35 報告「令和3年度の史跡大曲輪貝塚の発掘調査成果」 纐纈茂(名古
                    屋市教育委員会)
                       14:00 講演「骨考古学からみた縄文時代の社会−愛知県の事例を中心に−」
                    山田康弘氏(東京都立大学)
                    その他 講演会の様子はYouTubeで配信します(ライブ配信・録画配信)。 
                    URL:https:/youtu.be/Le1MoBjBaJQ
                    当日、受付にてお名前、ご連絡先のご提供をお願いします(新型コロナウィ
                    ルス感染者の発生に伴い、保健センター等の公的機関に提供することがあります。)

                    もっと見る

                  書評コーナー

                  過去の書評を見る

                  新着レビュー

                  もっと見る
                  • 下宅部遺跡展 縄文人の技 表紙画像

                    下宅部遺跡展 縄文人の技

                    投稿者名未設定

                    漆工技術・カゴ編み技術・木材加工技術などを示す合計392点の指定物件がオールカラーで紹介されていて、とてもステキ!ぶ厚い発掘調査報告書も重要ですが、置場にこまっている方にもやさしい図録いかがですか?

                    もっと見る
                  • 丹後平古墳群と蝦夷の世界 重要文化財青森県丹後平古墳群出土品 指定品図録 表紙画像

                    丹後平古墳群と蝦夷の世界 重要文化財青森県丹後平古墳群出土品 指定品図録

                    投稿者名未設定

                    平成3年(1991)年に刊行された『丹後平古墳』の報告書を見直してみると、巻頭カラー頁に数々のすばらしい出土品が載っています。今回、国の重要文化財指定を記念した図録が本書です。東北北部の群集墳といえば、ショボいイメージで見られがちですが、改めて「蝦夷地」の古墳文化を考えるうえで、示唆に富んだ内容となっており、勉強になる図録です。

                    もっと見る