新刊 単行本 古代

新刊単行本古代
BEST100
Ranking:16番 / 86,159冊
単行本 4番 / 9,682冊
古代 1番 / 2,377冊
書名 遠江湖西窯跡群の研究
シリーズ オンデマンド研究報告2
著者 後藤建一 著
発行元 発行:後藤建一 発売:六一書房
出版年 2015/04
A4 ページ 380
六一ID N52823 ISBN 9784864450539
 
 
新刊  会員割引:
4,950 (4,500円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【増刷履歴】
2015年4月 初版初刷り 250部
 (2016年4月品切れに)
 (2016年4月電子書籍配信)
2020年11月 初版2刷り 100部
【電子書籍】
電子書籍版 刊行いたしました!
【書評】
・酒井清治氏 2015年5月 六一書房書評コーナーでご覧いただけます
【内容】  オンデマンド出版第2冊目刊行
 浜名湖の西岸に位置する湖西窯跡群は,5世紀後半から9世紀初頭に須恵器を生産した大規模な窯跡群である。生産須恵器は,7世紀から8世紀前半の律令国家形成期にかけて,東日本の太平洋沿岸諸国の古墳や集落などから多量に出土する。この考古資料の可能性は,広域領域共通の年代比定資料に止まるだけでなく,文献に表れることのない東日本太平洋沿岸地域の社会諸相の一面を明らかとし,律令国家形成を解明する一助を秘めている。
 湖西窯跡群の生産と流通構造を論究するにあたり,具体的な実証をもとに歴史資料としての須恵器の検証からはじめ,分析手段の分類と編年,製造技術・製作技術と基礎的な作業を行い,具体の生産構造,6世紀の流通構造,7世紀〜8世紀の流通構造と続く。最後に生産と流通を概括し,我が国の古代窯業生産について見通しを提示する。
 駒澤大学博士論文に加筆刊行。

注文後1冊ずつ作るオンデマンドではなく、小形の機械で250部製作。一般的なオンデマンドより良質です。
【著者略歴】
後藤 建一(ごとう けんいち)
1957年 静岡市生まれ
1980年 駒澤大学文学部歴史学科考古学専攻卒業
1980年 湖西市教育委員会社会教育課
2015年 湖西市教育委員会文化課課長 博士(歴史学)
<主要著書・論文>
1989年「湖西古窯跡群の須恵器と窯構造」『静岡県の窯業遺跡』静岡県教育委員会
1994年「窯式の終焉」『地域と考古学』向坂鋼二先生還暦記念論集刊行会
1994年「平安後期の山岳寺院」『季刊考古学第46号』雄山閣出版
1995年「凝豎づ貮堯廖愎楫担鐔言図録』第3巻,雄山閣出版(共著)
1997年「湖西窯から見た関東」『’97シンポジウム東国の須恵器』古代生産史研究会
1997年「競合の構造-渥美・湖西中世窯の軌跡」『生産の考古学』同成社
1997年「東海地方東部の灰釉陶器窯跡」『須恵器集成図録補遺』雄山閣出版(共著)
1998年「静岡県」『古墳出土須恵器集成』第3巻,雄山閣出版(共著)
2000年「古墳出土須恵器にみる地域流通の解体と一元化」『日本考古学第9号』日本考古学協会
2001年「湖西窯跡群の須恵器製作工程について」『古代土器研究6』古代の土器研究会
2003年「山林寺院」『静岡県の古代寺院・官衙遺跡』静岡県教育委員会
2006年「『天平12年遠江国浜名郡輸租帳』と湖西窯跡群」『陶磁器の社会史』桂書房
2006年「地方官衙と須恵器窯」『古代の役所と寺院』静岡県考古学会
2007年「須恵器を考える」『土器の考古学』学生社(共著)
2007年『大知波峠廃寺跡』同成社(単著)
2007年「静岡県・大知波峠廃寺」『平安時代山岳伽藍の調査研究』古代学協会
2008年「湖西窯・渥美窯」『日本考古学協会2008年度愛知大会研究発表資料集』日本考古学協会
2008年度愛知大会実行委員会
2010年「湖西窯産須恵器の流通」『古代窯業の基礎研究』窯跡研究会編,真陽社
2012年「大知波峠廃寺」・「国分寺と山寺」『季刊考古学』121号,雄山閣出版

【目次】
はじめに.
序 章 湖西窯跡群の概観
 第1節 取り巻く環境
 第2節 湖西窯跡群と静岡県内の諸窯
第1章 形式・型式の設定
 第1節 須恵器編年の形成
 第2節 規格性と所作
 第3節 蓋坏の形式変化
第2章 出土須恵器の分類と編年
 第1節 蓋坏類の分類
 第2節 編年
 第3節 年代
第3章 製造の技術
 第1節 窯構造
 第2節 窯場
 第3節 粘土と薪
第4章 製作の技術
 第1節 東海地域窯業の量産化指向
 第2節 須恵器とロクロ技術
 第3節 底部円盤造りの展開
 第4節 風船技法の展開
 第5節 量産化と多器種製作
第5章 生産の構造
 第1節 浜名郡輸租帳の窯業生産者
 第2節 神(ミワ)氏族と窯業生産
 第3節 湖西窯跡群の量産化
 第4節 湖西窯跡群の生産構造
 第5節 官衙整備と遠隔地生産
第6章 6世紀の流通構造
 第1節 駿河西部域諸窯の抽出
 第2節 駿河西部域古墳出土の須恵器流通
 第3節 地域流通へのアプローチ
第7章 7,8世紀の流通構造
 第1節 東日本太平洋沿岸諸国の出土事例
 第2節 東日本太平洋沿岸諸国の流通
 第3節 境界領域の流通
終 章 生産と流通の展開諸相
 第1節 首長制の生産関係
 第2節 窯業生産と社会的分業
あとがき.
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。