新刊 雑誌・紀要 雑誌

新刊雑誌・紀要雑誌
BEST1000
Ranking:544番 / 87,597冊
雑誌・紀要 52番 / 11,034冊
雑誌 50番 / 9,015冊
書名 古代武器研究 Vol.16
シリーズ
著者
発行元 古代武器研究会
出版年 2020/12
A4 ページ 157
六一ID N87382 ISBN 13466313
 
 
新刊  会員割引:無
2,420 (2,200円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※発行元品切れとなりましたため、現在の在庫で販売終了となります
※2020年12月開催予定の第17回研究集会はコロナウイルス感染拡大の影響のため、中止となりましたため、資料集の刊行はございません。
※山口大学を事務局とした研究集会の開催と冊子の刊行は今年度にて終了となります。次号以降は新体制での会の運営予定となっております。
【目次】
寺前直人 第16回古代武器研究会「弥生時代後半期における金属製武器の普及と防御用施設」の開催にあたつて

【論文】
立谷 聡明 弥生時代の九州地方における鉄製武器の普及 武器の消費傾向からみた生産と流通にかんする予察
山崎頼人・三津山靖也  九州地方における防御集落の展開 弥生集落・社会からみた「たたかい」の実像
山崎頼人 小郡市埋蔵文化財調査センター
ライアン・ジョセフ 中四国・畿内における鉄製刀剣の普及
林 大智 日本海沿岸地域における鉄製武器の普及と防御集落 舶載大型武器の受容と遺跡群の形成
杉山和徳 関東地方における鉄製武器の普及と環濠集落の性格
禰電腸唾法 嵬鐇源代畿内地域の鉄器化、防御集落、武器所有」を考える
【総合討議】
コーディネーター 寺前直人
発言者 荒田敬介・小田富士雄・久住猛雄・杉山和徳・武末純―・立谷聡明・田畑直彦・豊島直博・
禰電腸唾法ξ 大智・山崎頼人・ライアンジョセフ
司 会 水野彼典
(テープおこし:鈴木崇司)
田中晋作 山口での「古代武器研究会」を終えるにあたって
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。