中国書 考古 単行本

中国書考古単行本
Ranking:3,171番 / 12,457冊
考古 2,180番 / 6,272冊
単行本 720番 / 2,212冊
書名 農耕星火
シリーズ
著者 許永杰 著
発行元 故宮出版社
出版年 2020/01
ページ 21僉(秦
六一ID C12520 ISBN 9787513412896
 
 
新刊  会員割引:
5,016 (4,560円+税) 在庫 1冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
《农耕星火》
2015年至2017年,作者以《史前遗珍》为栏名,在该报上共发表54篇文稿。此后,又写作27篇,集结后的文稿共计81篇,取名为《农耕星火》。“农耕星火”取意于本书导言所引苏秉对中国文明起源的认识,他讲的上万年的文明起步,是说中国文明是在农耕生计的基础上生成的;他讲的终成燎原之势的如满天星斗的文明火花,则是本书稿聚拢的史前遗珍。本书的写作对象也是史前时期精华考古遗存,同样是对其社会学的研究,看到了中华文明由星星之火到成燎原之火,以满天星斗学说为指导一事一议,展现中国文明起源的原始积累。本书把考古学文化作为写作对象,不仅写半坡人面鱼纹盆、凌家滩玉龟和贾湖骨笛这样的精美遗物,也写了磁山灰坑、岔沟窑洞和洪山庙大墓这样的重要遗迹,还要写兴隆洼村落、石峁山城和禹会村祭坛这样的典型遗址。这样的写作内容,实际上就是考古学文化的全部内容。本书文字简练,适合考古爱好者和专业人士阅读。
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。