中国書 考古 全集・叢書

中国書考古全集・叢書
Ranking:3,527番 / 12,989冊
考古 2,422番 / 6,592冊
全集・叢書 94番 / 443冊
書名 黒水城出土擦擦整理研究 黒水城歴史文化系列叢書
シリーズ 黒水城歴史文化系列叢書
著者 張震州 蔡彤華 編著
発行元 甘粛文化出版社
出版年 2020/08
ページ 26僉\坐 p222
六一ID C12677 ISBN 9787549019762
 
 
新刊  会員割引:
11,979 (10,890円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
《鄂緇觸佚攣せだ依研究(鄂緇历史文化系列丛书)》
“擦擦”,指一种模制的泥佛或泥塔。藏地发现的早期印度风格的擦擦多由红色陶土塑成,边缘不规整,胎泥外溢,图案以神降塔、吉祥塔和菩提塔居多,且大都印有般若经咒。此后,藏地自身也开始制作擦擦,内容、题材逐渐畭,藏文的六字真言由藏文转写的梵文经咒取代。汉地及以往书面语称之为“模制泥佛像”或“拓模泥像”等。近年来,在西夏故地鄂緇陆续出土许多具有鲜明的民族和地方特色的擦擦。由于西夏疆域辽阔,民俗各异,夏、宋、辽、金在经济、文化又有着密切的联系与交流,因此,在西夏经济文化发展的过程中,出土的擦擦有着不同风格。本书意在通过对鄂緇觸佚攣せげ绍,让广大读者尽情领略擦擦之美。
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。