中国書 考古 単行本

中国書考古単行本
BEST1000
Ranking:918番 / 12,902冊
考古 679番 / 6,528冊
単行本 196番 / 2,333冊
書名 銅陵師姑墩 夏商周遺址考古発掘与研究 全2冊
シリーズ
著者 安徽省文物考古研究所 安徽大学 銅陵博物館 銅陵市義安区文物局 編著
発行元 文物出版社
出版年 2020/10
ページ 16開 精装 p760 彩版p261
六一ID C12893 ISBN 9787501067039
 
 
新刊  会員割引:
33,660 (30,600円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
《铜陵师姑墩——夏商周遗址考古发掘与研究(全二册)》
师姑墩遗址位于安徽省铜陵市义安区钟鸣镇,北距长江10千米,所处地带为长江南岸冲积平原边缘个面积较小的盆地,地势平坦。师姑墩遗址南面数千米的山区即为长江下游*的铜矿带,自商周时期以来那里一直是采、冶、铸铜的资源重地。
师姑墩遗址夏商时期遗存的发现是本次发掘的重要收获之一,填补了皖南和沿江区域夏商时期文化的一个缺环,首次证明了皖南青铜冶铸时间可早到二里头文化时期。西周晚期与青铜冶铸有关的遗物大,基本涵盖了青铜冶铸的各个环节。较多与铸造相关的遗物,为重新认识商周时期青铜器制造是否具有民间冶铸行为、或者官方铸造业的其他模式提供了丰富的实物资料和全新的视野。
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。