新刊 博物館学・文化財保存関係

新刊博物館学・文化財保存関係
Ranking:17,016番 / 88,405冊
博物館学・文化財保存関係 150番 / 505冊
書名 元興寺文化財研究所 創立40周年記念論文集
シリーズ
著者 元興寺文化財研究所 同民俗文化財保存会
発行元 クバプロ
出版年 2007
A4 ページ 246
六一ID N01611 ISBN 9784878050831
付属品
 
 
新刊  会員割引:
9,900 (9,000円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
古書  1点 5,500
5,500 (5,000円+税) 普通 注意事項有り 店内在庫
場所:2階 棚2
カートに入れる
内容・目次
内容紹介
(財)元興寺文化財研究所創立40周年の記念事業として発刊した研究所員一同による研究論文集。
保存科学領域から8篇、人文科学領域から6篇、考古学領域から6篇の論文から成る。ほかに研究余録として8篇のコラムも掲載。
→序文を読む
目次
・はじめに―報告を兼ねて感謝―………辻村 泰善
・序………坪井 清足

◇保存科学領域◇
・保存処理に用いる薬剤の相互作用について―接着剤に注目して―………川本 耕三
・重要文化財那比新宮信仰資料懸仏の蛍光X 線による分析について
 ―形態分類と保存処理―………石井 里佳
・膠について―文化財保存修復からのアプローチ―………山内 章
・建築塗装材料である赤色顔料に関する一調査例
 ―宇治白山神社境内廃棄の紀年銘墨書部材に塗装された赤色顔料―………北野 信彦
・出土漆の劣化について―保存処理薬剤が及ぼす影響―………植田 直見
・古墳時代の漆工技術に関する基礎的研究………藤田 浩明
・福島県須賀川市長沼南古舘出土木製品の保存処理とその後の状況について
 ―「修羅」を中心として―………伊藤 健司
・文化財危機管理考………村田 忠繁

◇人文科学領域◇
・呪符釈………木下 密運
・古代・中世における元興寺領荘園の実態をめぐって
 ―初期荘園の愛智荘を中心に元興寺諸荘園の存否によせて―………奥野 義雄
・8 〜 9 世紀の経典書写と転輪聖王観………稲城 正己
・下御門大仏師をめぐって………高橋 平明
・近世大和における富士信仰と富士講―南都の事例を中心に―………山形 隆司
・古典にみる「組」の周辺と楚の組紐………小村 眞理

◇考古学領域◇
・古墳時代の横櫛………木沢 直子
・土師器使用土器棺について―近畿地方を中心とした検討―………角南聡一郎
・古墳時代鉄鉾の袋部について………藤井 章徳
・考古学からみた中世都市奈良における葬送空間の変遷………佐藤 亜聖
・大和における中世墓の諸相………狭川 真一
・建築・考古雑集………坪井 清足

◇研究余録◇
・坂田俊子さんの功績―初代保存科学研究室長、坂田俊子さんのご逝去を悼む―………増澤 文武
・舟形五輪塔の変容………藤澤 典彦
・これからの記録資料保存の焦点………金山 正子
・科学の眼もデジタルへ―デジタル近赤外線撮影法―………大久保 治
・図書館・博物館の環境調査について………井上美知子
・象嵌資料研究における参考資料の提供………尾崎  誠
・奈良町の守り神………岡本 広義
・21 世紀保存科学の方向性………塚本 敏夫
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。