新刊 論集

新刊論集
Ranking:2,879番 / 85,349冊
論集 126番 / 836冊
書名 竹石健二先生・澤田大多郎先生 古希記念論文集
シリーズ
著者 竹石健二先生・澤田大多郎先生の古希を祝う会 編
発行元 六一書房
出版年 2009/07
B5 ページ 上製カバー 352
六一ID N03870 ISBN 9784947743756
 
 
新刊  会員割引:
8,250 (7,500円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
<目次>
小形利彦 1945年〜1963年ころまでの教科書に見る考古学の記述
大塚昌彦 旧石器時代栃木県の楔形石器考
毒島正明 子母口式古段階の土器について
成田滋彦 大湯環状列石の土偶・土製品
野欽五 鳥取県における縄文時代後晩期の精神文化
古内 茂 磨製石斧の普及と弥生時代集落
浜田晋介 南関東における弥生集落の基本形態
山本孝文 朝鮮半島南部の倭系文物再考
浅賀貴広 武蔵国府の大溝・国司館
小池 聡 もうひとつの「凹石」
小林 克 出土資料から見た江戸の瓦漏
堀内秀樹 宴会道具としての貿易陶磁器の再評価
成瀬晃司 肥前産「呉器手」碗の流通に関する予察
-遺跡発掘調査報告-
竹石健二・澤田大多郎・日本大学先史学研究会 川崎市宮前区野川神明社遺跡発掘調査報告
竹石健二・澤田大多郎 川崎市影向寺境内(4)―薬師堂西― 遺跡発掘調査報告
-資料紹介-
寺内隆夫 戦時中に行われた後貝塚の発掘調査   
浜田晋介 尾崎元春氏寄贈の縄文時代晩期土器について
竹石健二・澤田大多郎 本学所蔵のサハリン(旧樺太)の骨角器について
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。