新刊 論集

新刊論集
Ranking:1,839番 / 85,349冊
論集 93番 / 836冊
書名 北方世界の考古学
シリーズ
著者 小松正夫 編著
発行元 すいれん舎
出版年 2010/07
A5 ページ 344
六一ID N04891 ISBN 9784863690967
 
 
新刊  会員割引:
4,950 (4,500円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
長年秋田城跡の調査をされてきた小松正夫氏の退職・還暦を記念して作られた論文集。

<目次>※抜粋
第1部 蝦夷・生産・流通
 八木光則 蝦夷の鉄生産
 小松正夫 秋田城跡における漆工の展開
 山口博之 奥羽の初期貿易陶磁
 鈴木琢也 古代北海道と東北地方の物流
 田中広明 腰帯をつけた蝦夷
第2部 土器を巡る諸問題
 利部 修 本州北端の刻書土器 北方域の研究史と系譜
 島田佑悦 清原氏城館・大鳥井山遺跡のロクロ土師器
第3部 集落・宗教・城柵
 右代啓視 北方における要害遺跡 特に気候変動との対応
 高橋 学 囲郭集落の系譜 出羽国城柵が北方の地域社会に及ぼしたもの

 

シェアする

この図書のレビュー

  •  投稿者:東北楽天ジェンキンス 投稿日:2011/04/18
    江戸川橋さんの意見に同感。関東の古代を勉強する人は東北のことも知る必要があります。六一さんの目次には載ってませんが、若手の成長株、五十嵐祐介さんの「『埋没家屋』再考」は資料の解釈・評価について考えさせられる内容です。強力執筆陣による内容、買うべし!
  •  投稿者:江戸川橋 投稿日:2010/07/23
    東北に関する図書はなかなか手を出しづらい印象があったのですが、関東の人間にも非常に刺激的な内容でした。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。